伊藤沙莉、言葉遣い粗めの役は「すごく投影できている」 家族への感覚に共感

0

2021年06月16日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真あふれる家族愛を語った伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.
あふれる家族愛を語った伊藤沙莉 (C)ORICON NewS inc.
 女優の伊藤沙莉が15日、渋谷・PARCO劇場で舞台『首切り王子と愚かな女』のゲネプロ前に行われた取材会に参加した。

【全身ショット】おさげ姿で登場した伊藤沙莉

 俳優の井上芳雄と劇作家・演出家の蓬莱竜太氏が2015年の主演舞台『正しい教室』以来、6年ぶりに再び手を組んで取り組む大人のファンタジー。伊藤は「舞台は4年ぶり。シンプルに吐きそう」とぶっちゃけ。「この作品は大切だし、大好き。たくさんの方に観ていただきたい。今、このご時世、時代からこそ、たくさんの方に届いてほしい」とメッセージを送った。

 役に共感できる部分を問われると「言っていること、やっていることに、あまり違和感がない。きっと、すごく投影できている。かなり口が悪いんですけど、すごく言いやすいな、と」と笑う。自身が演じるヴィリは「姉に対する執着がある。家族に対しての感覚は共感する。どうしても、どういう状況でも家族の前では素の部分が出る」と家族愛を口にしていた。

 主演の井上芳雄や、キャストの若村麻由美とは初共演。「井上さんは見た目も中身も王子様。王子様をやるのにも違和感がない。それは傍若無人ってわけではなくて(笑)。すごく切ない顔も似合う人。笑顔もステキですけど、そこにも注目してほしい」と魅力を力説。一方の若村については「麻由美さんは…。けいこが始まってから、日に日に元気になっている(笑)。最初は静かだったけど、どんどん迷っている私たちのところに入ってきてアドバイスをしてくださる」と明かすと、若村は「人見知りなの…」と応じ、笑わせていた。

 舞台は7月4日まで、同所で。その後、大阪、広島、福岡でも上演する。
    ニュース設定