「『水曜日のダウンタウン』で事前に内容知らされたことほぼない」クロちゃん明かす裏話

67

2021年06月17日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)
クロちゃん/1976年12月10日生まれ。広島県出身。2001年4月に団長安田、HIROと「安田大サーカス」を結成。スキンヘッド、強面には似合わないソプラノボイスが特徴(撮影/写真部・小黒冴夏)
 安田大サーカスのクロちゃんが、気になるトピックについて“真実”のみを語る連載「死ぬ前に話しておきたい恋の話」。今回のテーマは、クロちゃんが再ブレイクを果たすきっかけともなった「水曜日のダウンタウン」(TBS系)。毎回お笑い芸人が、さまざまな「説」を紹介するという同番組だが、クロちゃんが参加するのはドッキリのような企画ばかりなため、毎回撮影をこなすのが大変だという。クロちゃんが、ドッキリ撮影の時、ひそかに心がけていることとは?

【写真】「水曜日のダウンタウン」では、すっかりお馴染みとなったクロちゃんの部屋

*  *  *
 ボクが「水曜日のダウンタウン」に初出演したのは2015年。たしか、「『早朝』とつけたら何でも面白くなる説」だったような気がする。

「SNSを張り込んでいれば芸能人に会える説」や「起きたら人がいるのが結局一番怖い説」、「クロちゃん 寝て起きてお花畑にいたら死んだと思う説」、「ポケットに知らないお金が入ってたらさすがにネコババしちゃう説」など、これまでたくさんの企画に出演させてもらったけど、事前に内容を知らされたことはほぼない。オープニングをちゃんと撮影したのも去年が初めてだしね(笑)。

 撮影も、ボクの知らないところで、勝手に始まっているし、ドッキリなのか、何なのか、意図がわからないのは当たり前だし、ネタバラシもされないままっていうのも珍しくない。最初の頃は「水曜日のダウンタウン」か、どうかすら分からないこともあったから、オンエアされているのをSNSのコメントで知るっていうこともけっこうあった。

 家の中にカメラを仕掛けられたり、突然拉致されて、アイマスクに、ヘッドフォン、そして最後にはスタッフさんからお決まりのセリフ「何(の企画)だと思います?」。

 これ、いつも聞かれるけど、わかるわけない(笑)。

 ボクにバレないように、スタッフさんのメンツも適度に代えたりもしているみたいだから、正直ドッキリには全然気づかない。

 以前、何かの企画が終わって、スタッフさんに挨拶しようと近寄っていったら、「今、こっち見ないで!」って言われて、「ん?なんでだろ?」って思っていたら、「まだクロちゃんに顔を見られていないADがいるから」だって(笑)。

 こんな番組、他にないよ。

 しんどかった企画で、まず思いつくのは、「帰巣本能ハトよりヒトの方が優れている説」。

 ざっくりいうと、岩手県に連れていかれたボクと鳩、どちらが先にゴールに設定された埼玉県に帰れるか、という企画だった。

 財布も携帯も没収された状態で、スタッフさんも途中でいなくなっちゃったから、アイマスクをいつとっていいのかさえも分からない。当然、企画の説明はなし。撮影が開始されたことも分からず、結局、アイマスクをとらないまま、1時間も田舎道に立ったままだった(笑)。

 ぶっちゃけると、翌日大阪で仕事があったから、何としてでも、その日の新幹線の終電までには東京に帰らなきゃいけなかったから、撮影中は、ずっと焦っていたよ。

 即席で撮影会とかを開き交通費を稼いで、無事に帰ってきたけど、スタッフさんは、いったい、どういう根拠があってボクが帰れるとふんだのか…それが知りたいよ。帰ってきた自分をほんとうに褒めてあげたい。

 あと、謎のツイッターアカウントで未来に起こる出来事が予告される「フューチャークロちゃん」や10日連続寝起きで相撲や水泳、綱引き、PKなど、色んなことに挑戦させられる「早朝10種」もきつかった。

「早朝10種」なんて、やらされている時は、10日目で終わるなんてことは当然言われてないわけだから、いつ終わるのかも検討がつかない。

 だから5日目くらいで、キリがいいから「そろそろ終わるのかな」と、こっちは期待する。

 ちょうど5日目が金曜日だったし、スタッフも「いやあ、お疲れ様です。オンエア楽しみです」とか喋りかけてきて、終わった感を匂わせてきたのもタチが悪いよね。

 それに土曜日、日曜日と何も起きず、6種目が始まったのは月曜日だったし…。ドッキリにも週休2日制が導入されているとは思わなかったよ。

 再開された時は、ほんと地獄だった。

 こんな感じだから、今では「水曜日」という単語を聞くだけで、一瞬ビクっとする自分がいる(笑)。

 いつも予告なく始まるから、プライベートの予定も組めなくなっちゃったしね(笑)。

 心が悲鳴をあげているよ(笑)。

 ただ、「水曜日のダウンタウン」は、ボクという芸人の取扱説明書みたいなものになってくれたから、ありがたいなって思う。仕事も一気に増えたしね。一時は、他局も影響を受けたのか、ボクにアイマスクやヘッドフォンさせるみたいな企画のオファーばっかりだった(笑)。

 基本ドッキリだし、自分が望んでいない結果ばかりになるから、正直、達成感がないことも多いんだけど、ダウンタウンの松本さんや浜田さんが笑ってくれるのは唯一の救いだね。いつもVTRみながら「最低やなコイツ」って言われるのは、少し複雑だけど(笑)。

 ちなみに、ボクは、「水曜日のダウンタウン」の撮影中、アイマスクをされている間は、必ず目を閉じたままにしている。

 アイマスクをつけているとはいえ、もし、何かのハプニングで外れちゃったら、余計な情報が入ってきてしまうでしょ? 構成上、見ちゃいけないものとかね。

 せっかくスタッフさんがバレないように、ここまでやってくれているんだし、ボクのリアクションが薄くなっちゃうのはよくないからね。何より、ディレクターさんに怒られるだけは絶対イヤだから(笑)。

 スタッフさんいわく、ボクは悲壮感がないから良いんだって。

 どれだけドッキリに引っ掛けられても、ボクは、かわいそうには見えないらしい(笑)。

 おかしいなー、ボク的にはかなり悲壮感漂わせているんだけど…(笑)。

 いつも突然、忘れた頃にやってくるから怖いしん!

 (構成/AERA dot.編集部・岡本直也)

このニュースに関するつぶやき

  • 「SNSを張り込んでいれば芸能人に会える説」からブレイクしたね。あの時の説進行はサバンナ高橋だったけど、いつのまにかたむけんが横取りした形になっていた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 女性が絡まなきゃ嘘つきの面白いクロちゃんだけど、女性が絡んだら気持ち悪い変態に変わるからなww
    • イイネ!50
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(53件)

ニュース設定