映画『CUBE』“最初の男”は柄本時生、バラバラに切り刻まれて死亡する”元祖サイコロステーキ先輩”

30

2021年06月18日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真毎月18日は<部屋の日>、6月は“最初の男”役で柄本時生の出演を発表=映画『CUBE』(10月22日公開)(C)2021「CUBE」製作委員会 
毎月18日は<部屋の日>、6月は“最初の男”役で柄本時生の出演を発表=映画『CUBE』(10月22日公開)(C)2021「CUBE」製作委員会 
 ヴィンチェンゾ・ナタリ監督初の公認リメイクとなる密室サスペンス映画『CUBE』(10月22日公開)で、俳優の柄本時生が、オリジナル版の“最初にバラバラに切り刻まれて死亡する男”に該当する役で出演していることが明らかになった。

【動画】4月18日<死ぬ部屋の日>解禁の特別映像

 1997年に公開されたオリジナル版『CUBE』は、密室サスペンスの先駆けとして、世界中でカルト的人気を誇る作品。今回、主演の菅田将暉をはじめ、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎らが謎の立方体「CUBE」を舞台に、完全オリジナルストーリーでオリジナル版『CUBE』の世界を再構築する。

 “最初の男”とはオリジナル版『CUBE』で、<網目状のワイヤーナイフトラップによってバラバラに切り刻まれて死亡>した“元祖サイコロステーキ先輩”ともいえるキャラクター。本作映画化解禁時には、この役を「誰が演じるのか! そもそも登場するのか!」などSNSで憶測が飛び交っていた。

 “サイコロステーキ先輩”とは、今、大人気の漫画/アニメ『鬼滅の刃』に登場した鬼殺隊の隊士の一人で、主人公・ 竈門炭治郎の目の前で<一瞬にしてサイコロステーキ状に斬り刻まれて死亡>した鮮やかなやられっぷりが話題となったキャラクター。

 過去には、『バイオハザード』(2002年)で特殊部隊率いるワン隊長が<レーザートラップによってバラバラに切り刻まれて死亡>したり、『バイオハザードIII」(07年)でアイザックス博士が<レーザートラップによってバラバラに切り刻まれて死亡>したりしているが、それらをたどると1997年公開のヴィンチェンゾ・ナタリ監督『CUBE』に登場した“最初の男”こそ“元祖サイコロステーキ先輩”にあたるのではないか。

 そんな脈々と受け継がれている歴史がある“最初の男”の場面写真も解禁。本作での“最初の男”は主人公・後藤裕一(菅田)たちよりも前にCUBEに閉じ込められた模様。突如閉じ込められた謎のCUBEを前に「一体これから自分の身に何が起こるのか」という予測不可能な恐怖からか、表情には緊迫感がにじみ出ている。この男の想像を絶する末路とは…。そして、どのように物語に関わってくるのか…?

 演じた柄本は「中学生だったと思うのですが、スゴい作品が出てきたなと衝撃を受けたのを覚えております。現場に入ってセットを見た時、日本でこんなことが出来るのかと感動をしました」と、コメント。

 柄本は、映画『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(21年)をはじめ、出演する作品ごとに強烈なインパクトを刻み続けているが、本作の“最初の男”では柄本史上最高の怪演が期待できそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • そう、これ見に行きたいんだよね���դ����դ����դ� https://mixi.at/a9Yst08
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この映画は元が良すぎるからリメイクしない方がいいと思う。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定