ヤマハのトップ2が転倒の大波乱。榎戸育寛が優勝を飾りホンダ勢が表彰台独占/全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース1

0

2021年06月19日 17:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真トップでチェッカーを受けた榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース1
トップでチェッカーを受けた榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース1
 6月19日に茨城県の筑波サーキットで開催されたMFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦筑波 ST1000クラスのレース1は、榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)が優勝した。

 朝から降り続いていた雨は、ST1000決勝レーススタート時にも降り続いていた。フルウエットコンディションのなかで好スタートを切ったのはポールシッターの岡本裕生(BLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)。しかし、その岡本がオープニングラップの最終コーナー立ち上がりで転倒。これで榎戸が首位に浮上した。

 しかし、2周目の最終コーナーで今度は2番手につけていた前田恵助(bLUcRU伊藤レーシングBORGヤマハ)も転倒。これで赤旗中断となる。

 転倒した2台はすぐにマシンを押してピットに戻し、マシン修復を開始。岡本はマシンは2度目のスタートに向けたサイティングラップにギリギリ間に合ったが、1コーナーを周って止まってしまった。

 岡本のマシンをコースサイドに残したまま周回数もグリッドも元のままで2回目のスタート。レースをリードしたのは榎戸。あっという間に後続を引き離し、トップ独走状態を築く。

 後方では渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)、豊島怜(speedHeart DOGFIGHTRACING YAMAHA)、作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)の3台による激しい2位争いが始まる。

 10周目。セカンド集団のトップに躍り出た作本。徐々に集団から抜け出した作本が榎戸を追いかける。その差は約7秒。

 残り3周。榎戸のペースが遅れ出した。逆に作本はファステストラップを連発。みるみるふたりの差が詰まり始めた。

 最終ラップに突入したときにふたりの差は1秒4にまで縮まっていた。バックストレッチでテール・トゥ・ノーズの戦いになった2台。しかし榎戸は何とか作本を抑えきってST1000クラス初優勝を飾った。2位は作本、3位は渡辺だった。
    ニュース設定