元Juice=Juice宮本佳林、ソロでハロプロ聖地ライブ「夢みたい」 秋の単独公演も決定

18

2021年06月20日 08:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Juice=Juice卒業後初の中野サンプラザ公演を開催した宮本佳林
Juice=Juice卒業後初の中野サンプラザ公演を開催した宮本佳林
 昨年12月にJuice=Juiceを卒業した宮本佳林が19日、東京・中野サンプラザでソロライブ『宮本佳林LIVE 2021春〜アマリリス〜』を有観客で開催し、全18曲を熱唱した。

【写真6点】『宮本佳林LIVE 2021春〜アマリリス〜』ライブフォト

 当初は5月に予定されていたが、緊急事態宣言に伴い延期となっていた振替公演。Juice=Juiceおよびハロー!プロジェクト卒業後、同所では初となったソロライブは、“輝くばかりの美しさ”という花言葉を有する「アマリリス」をタイトルに掲げ、会場が宮本のイメージカラーのブドウ色に包まれるなか、花束を拾い上げて幕を開けた。

 疾走感のある「若者ブランド」でスタートすると、Juice=Juiceが4月にリリースしたシュガー・ベイブのカバー曲「DOWN TOWN」を披露。「Vivid Midnight」は小気味よいフェイクを交えて歌い、ハロプロ研修生ユニットの4人(米村姫良々、石栗奏美、窪田七海、斉藤円香)がダンスとコーラスで華を添えた。

 Juice=Juice時代にカバーしたKANの「ポップミュージック」、森高千里の「やっちまいな」をカバーしたあとのMCで「朝から“あー楽しみだなー!”と、ドキドキした感じで会場に入りました。中野サンプラザのステージに立つなんて夢みたいって」と明かした宮本は、「この日のために準備してきました」といって新曲2曲を一挙披露。切なさの中にもダンスで激しさも垣間見える「愛してるの言葉だけで」、シティバラード調の「優柔不断だね、Guilty」を立て続けにパフォーマンスした。

 「ずっと歌ってみたいなと思っていたんですが、一人では息継ぎが間に合わない曲でした」と話して披露したのは「誤爆〜We Can't Go Back〜」。ハロプロ研修生ユニットとともに、グループならではの表現でも魅せる。

 ダンスブロックでは、ミニテーブルに生けられたアマリリスの花とステージにおちる一筋の光の下、宮本が1人踊るストイックな演出も。太陽とシスコムーンの「ガタメキラ」でのコブシのきいたパワフルな歌声を響かせると、「プラトニック・プラネット」「どうして僕らにはやる気がないのか」で本編を終えた。

 アンコールでは、宮本の声でアナウンスが流れ、ここまでの道のりを振り返ると、弾むような前向きなナンバー「落ちこぼれのガラクタだって」で会場を明るく照らした。ラストには秋の単独ライブとして、9月4日にNHK大阪ホール、9月20日に中野サンプラザ公演が決定したことが発表された。

 宮本は「皆さんの応援のおかげで秋のライブも決定しました。ありがとうございます!」と感謝し、これからもパフォーマンスに気持ちをこめて伝えていく決意を新たにしていた。

■『宮本佳林LIVE 2021春〜アマリリス〜』セットリスト
01. 若者ブランド
02. DOWN TOWN
03. Vivid Midnight
04. ポップミュージック
05. やっちまいな
06. 愛してるの言葉だけで
07. 優柔不断だね、Guilty
08. 誤爆〜We Can't Go Back〜
09. 禁断少女
10. ミステイク(ハロプロ研修生ユニット)
11. 悪いヒト(ハロプロ研修生ユニット)
【DANCE TRACK】
12. 少女K
13. 風に吹かれて
14. タメライ
15. ガタメキラ
16. プラトニック・プラネット
17. どうして僕らにはやる気がないのか
【アンコール】
EN1. 落ちこぼれのガラクタだって

このニュースに関するつぶやき

  • かりんちゃんのライブは気になるが、声援出来ない時点で行きたいと思えない 昔みたいに声援出来るようになれば行きたいなぁ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ハロオタ卒業して10数年になるから最近は全然分からんけど中野は懐かしいね。楽しかった想い出ばかり。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定