フェルスタッペン「予想外のポール。バクーで失った25点を取り戻す」レッドブル・ホンダ/F1第7戦

0

2021年06月20日 11:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第7戦フランスGP ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と予選2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第7戦フランスGP ポールのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と予選2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)
 2021年F1フランスGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはポールポジションを獲得した。今シーズンでは開幕戦バーレーンGP以来、レッドブルにとってはフランスでの初ポールに当たる。

 予選2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)とは0.258秒差。フェルスタッペンは、決勝をミディアムタイヤでスタートする。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 予選=1番手
FP3 1番手(1分31秒300/11周)
予選 1番手(Q1=1番手1分31秒001:Q2=4番手1分31秒080:Q3=1番手1分29秒990)

 このコースはパフォーマンス的に僕たちが得意なところではないのに、ポールを取ることができたのは心強い。チームにとって大きな後押しになる結果だ。全く予想していなかったことなので、もちろんとても喜んでいる。

 週末を通してすべてがうまくいっている。ハードワークによってセットアップの最適化を図ったことで、昨日から今日にかけても大きく進歩することができた。

 FP3の後、自信を感じていたけれど、予選で自分たちがどの位置まで行けるのか、ライバルたちはどれだけの力を発揮するのかは、実際に走ってみるまで分からない。ここまでの自分たちのパフォーマンスには満足していいと思う。

 ここはターン1までが長いので、決勝でいいスタートを切る必要がある。彼ら(メルセデス)とは接戦になるはずだ。FP2での僕たちのロングランペースはとてもよさそうだった。今回もタイトな戦いになるだろう。

(会見で語り)もちろん明日の天気がどうなるかを見てみる必要があるけれど、自信はある。今日ポイントが手に入るわけではないが、いい一日だった。明日、仕事をやり遂げる必要がある。バクーで失った25点をここで取り戻さなければならない。明るい兆候があるので、それを維持していけるといいね。
    ニュース設定