10周年の愛乙女☆DOLL、新メンバー・矢野美優お披露目公演開催「もっとグループを大きくしていけるよう頑張ります」

0

2021年06月20日 23:51  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真7人組の新体制となった愛乙女☆DOLL。中央が矢野美優。
7人組の新体制となった愛乙女☆DOLL。中央が矢野美優。
 結成10周年を迎えるアイドルグループ・愛乙女☆DOLLが19日、新メンバー・矢野美優(元maplez)を加えた新体制お披露目公演『もっとでっかくDECADOLL!!〜らぶどる10年の軌跡〜vol.4 東京公演』を東京キネマ倶楽部にて開催した。

【写真】愛乙女☆DOLL新メンバー・矢野美優。

 新メンバーの矢野美優は、広島を拠点に幅広く活躍したmaplezの元メンバーで、ニックネームは「みょん」。ライブが始まると、ステージ上のスクリーンには、緊張気味のメンバー顔合わせから、ライブに向けてのリハーサルの映像が映し出される。そしてSEに合わせて矢野が登場すると、担当カラー「青」のペンライトが多数振られた。

 「BRAVER」そして「蒼い空を望むなら」と力強いナンバーでライブが開幕、7人が並び、点を指さし、脚を蹴り上げるパフォーマンスは圧巻だ。そして「Bargaein Girl」では“大人のらぶどる”を魅せ、「Brand New world」に対しては、コロナ禍のライブで着席のまま声援を贈れないファンも拳を振り上げてメンバーの熱さに応える。

 「新体制スタートしました〜!」の明るい声で始まった中盤のMC。メンバー・前田美咲が「かわいくな〜い?」と自身プロデュースの新衣装をアピール。メンバーカラーにグレートーンを差し入れ少し大人っぽく、胸元に花をあしらいエレガント、フェミニンに演出された新衣装。「みんなの骨格を見せたい」と、異なる形にデザインされメンバーの個性も際立ち、メンバーの評価も上々だ。

 そして中盤戦に突入し、「もしかしたら初めての人もいると思うので、見様見真似で盛り上がってください!!」と、お披露目に駆け付けた以前から矢野のファンも巻き込み、さらなる盛り上がりを見せる。ノリノリで前向きなナンバー「未来航路」、初期から歌い続けている名曲「流れ星」、ロマンチックで可愛らしい「恋のレインボー」と続く楽曲で、7人の息の合ったダンスコンビネーションとマイムを見せる。そして、夏を迎えに行く今のシーズンにピッタリな「セツナツダイバー」で会場の温度を上げていく。

 後半戦はライブで必ず盛り上がるアンセム「ビターチョコバレンタイン」そして「夜明け前、虹が差す」「キセキ」と「エモい」曲を連発。ラストスパートでは人気曲「カレンダーガール」から「「LOVE BEAM」、始まりの曲「GO!!MY WISH!!」、グループにとって大切なキラーチューン「High Jump!!」で締めくくった。

 最後には今年9月に、延期となっていた大阪遠征が再開されること、そして12月に7人体制初のシングルがリリースされることも発表。新体制が本格的にスタートすることを高らかに宣言。矢野は「すごく緊張していたんですが、あたたかく迎えて下さって、無事にデビューできて嬉しかったです。歴史のあるグループに、10周年という節目に加入したので、もっともっとグループを大きくしていけるように頑張ります」と、と力強く決意を語った。
    ニュース設定