Snow Manラウール、『MORE』初ソロ表紙 メンバー内では「生粋のお笑い担当」意外な素顔明かす

0

2021年06月21日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『MORE』特別版8月号表紙を飾るSnow Man・ラウール
『MORE』特別版8月号表紙を飾るSnow Man・ラウール
 人気グループ・Snow Manのラウールが、28日発売のファッション誌『MORE』(集英社刊)8月号表紙にソロで初登場する。今回のスペシャルエディション『ラウール 表紙版』と6ページの特集『6月27日、キミと、ソーダと』にも登場。特集名である“6月27日”はラウールの18歳の誕生日で。「誕生日にラウールと待ち合わせをしたら…」という、夢のシチュエーションで、とびきりのビジュアルと意外性あふれる素顔を披露する。

【写真】Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 今回の撮影は、風がとても強く吹く屋外で敢行。いざ撮影が始まるとラウールの表情ががらりと一変し、撮影前の、あどけなさの残る少年らしさは姿を消して、世界に入り込み、色気すら感じさせる表情で引き込む。それは、吹いている風がラウールを中心に集まってくるような吸引力。衣装のピンクシャツのジェンダーレスなムードと、柔らかさの中にも凛とした強さのあるビジュアルの表紙が完成した。

 レトロポップなムードのカラフルな撮影セットで、次々と自由にポーズを決めていくラウール。ときにキュートに、ときにクールに、表紙とはまた違った表情に現場にいたスタッフは「さすがはアイドルの最高峰!」と絶賛。そんな、人の心を揺さぶる天才のラウールだが、インタビューでは、意外なほどに面白エピソードの持ち主であることが発覚。主演映画『ハニーレモンソーダ』にちなみ、自身のハニーレモン度とソーダ度を自己申告してもらったところ、ソーダ度は、まさかのゼロだそう。

 「刺激的な部分なんてぜんぜんない、日常生活でカッコつけるとかができないです」と、意外すぎる告白に思わずほっこり。「メンバーの中では僕、生粋のお笑い担当ですから」と、これまた意外な新事実の証言も。抜群のビジュアルのラウールさんのあだ名がなんと「ひじ唐揚げくん」、「バレンタインのヘタレな事件」などなど、気になるエピソードが満載となっている。

 このほか、今号にはデビュー10周年を記念したSexy Zone連載特別拡大版として短期集中連載『〜あがき、戦い続けた5人の物語〜 DEEP DIVE INTO THE ZONE』がスタート。第1回目は中島健人が6ページにわたって登場。さらに『激辛男子図鑑』企画では、磯村勇斗、小関裕太、中川大輔&鈴木仁ら“ホット”な俳優たちが激辛な食べ物に挑戦しながら熱いトークを展開する。

 通常版の表紙を飾る女優で同誌モデルの内田理央の内側を探る8ページ特集とともに、アニメ『鬼滅の刃』で声優を務めた花江夏樹と鬼頭明里の対談企画や、『しゃれ感高まる”推しカラー”メイク』特集なども掲載されている。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定