かまいたち&朝日奈央の新感覚“街ブラ番組” 4組の芸能人が徹底リサーチ&ロケハン

1

2021年06月23日 06:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真バラエティー番組『水曜NEXT! かまいまち』(C)フジテレビ
バラエティー番組『水曜NEXT! かまいまち』(C)フジテレビ
 お笑いコンビ・かまいたち、タレントの朝日奈央が出演するフジテレビのバラエティー番組『水曜NEXT! かまいまち』が、23日と6月30日の深夜に放送される(深0:25 ※関東ローカル)。

【写真】イケメン宣材写真から一変…濱家が公開した”次の”宣材写真

 タイトルには、ひとつの“街”に、徹底的に“かまい”まくるとの意味が込められており、4組の芸能人が、ひとつの街を1週間ガチで徹底リサーチし、その街で見つけた「最高の店」の「最高のグルメ」でプレゼンバトルを行う。普通の「街ブラ」番組では、リサーチ、ロケハン(撮影に適した場所を探し、事前に下見すること)は、スタッフが事前に行うものだが、芸能人が自ら、リサーチ、ロケハン、プレゼンまですべて行っていく。

 そのため、リサーチ方法も芸能人によって個性が出たり、お店のチョイスも普通の街ブラとは違うものになったり、“芸能人独自の目線”が入ったスペシャルなお店が続々登場する。普通の街ブラ番組では発生しない、イチから調べた者だからこそ生まれるプレゼンターの「熱量」がつまった「街プレゼン」は大きな見どころのひとつとなっている。

 今回“かまいまち”する街は、学生や芸人たちに愛されている、東京・杉並区にある「高円寺」。登場する芸能人は、それぞれ独自の手法で、高円寺の街を1週間かけて徹底取材を敢行し、かまいたちと朝日にプレゼンする1品を探しまくる。かまいたちと朝日の3人は、4組が選んだ店を一軒一軒めぐり、その極上グルメを堪能、最終的にMVPを決定する。

 23日の放送に登場するプレゼンターは、フリーアナウンサーの馬場ももこ。濱家隆一が「一番稼働した方らしい」、山内健司も「うわさではね、稼働の鬼らしいよ」と意気込みをたたえる。実は、今回のリサーチは1週間と設定されていたが、馬場は気合が入りすぎて2週間リサーチを行っていた。馬場は「(テレビ金沢のアナウンサー時代の仕事で)街頭インタビューをずっとしていたので、高円寺の地元の方100人にインタビューします」と、まさに足で情報を集めていき、高円寺グルメを食べまくって、2週間で5キロも体重が増えてしまったという。

 2人目のプレゼンターは、芸人・岡野陽一だ。岡野の取材方法は、MVP賞金10万円をもらえると見越して、高円寺在住の芸人仲間たちに「いい店教えてくれたら1万円出そう」という、情報をお金で買い集めるというもの。1万円につられたのか、高円寺芸人たちから激レアなグルメ情報をたくさん集め、それぞれの店に1週間通いつめた。そして見つけたのが「大物ミュージシャンや、人気俳優まで通う隠れた名店」で出す極上ラーメンだ。

 30日の放送に登場するプレゼンターは、かまいたちが“ネクストブレーク必至”と太鼓判を押すコンビ芸人「THIS IS パン」。THIS IS 岡下は「ガチで1週間住み込みまして、高円寺の名店探します」と意気込み、毎日10キロから12キロを歩きまくった。1週間でめぐった店は、プレゼンターの中でも最多の50軒にものぼった。

 4人目のプレゼンターは、チャンネル登録者数140万人のYouTuberでボイストレーナーでもある、しらスタ。最近の若者がグルメ情報を探す時の主流だという「インスタグラムとGoogleマップを調べつくす」という手法で、高円寺グルメを調べていく。そしてめぐりあったのが、元警察官のスゴ腕占い師がいる「占いスナック」だった。
    ニュース設定