【映画コラム】“時”を扱った三者三様の映画『夏への扉−キミのいる未来へ−』『Arc アーク』『1秒先の彼女』

0

2021年06月24日 07:20  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真(C)2021「夏への扉」製作委員会
(C)2021「夏への扉」製作委員会

 今回は、くしくも6月25日にそろって公開される、“時”を扱った三者三様の映画を紹介する。

 この小説の初映画化が日本でなされたことに驚く『夏への扉−キミのいる未来へ−』




 1995年、将来を嘱望される科学者の高倉宗一郎(山崎賢人)は、亡き養父・松下(橋爪淳)の会社で研究に没頭していた。ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子(清原果耶)と愛猫のピートを、家族のように大切に思っていた。

 だが、研究の完成を目前にしながら、宗一郎はわなにはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。彼が目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京だった。

 日本でも人気のあるロバート・A・ハインラインの『夏への扉』を翻案。冷凍睡眠(コールドスリープ)とタイムマシンを使って、現在と未来を結び付けるという大筋は原作を踏襲しているが、原作の1970〜2000年への旅を1995〜2015年に変え、相手役の娘の年齢を上げ、主人公が未来で出会うアンドロイド(藤木直人)を登場せるなど、いろいろと改変を試みている。

 監督の三木孝浩は『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16)で、脚本の菅野友恵は『時をかける少女』(10)で、すでにこうした“時の不思議”を扱った話を映画化しているので、現在と未来のギャップによる浦島太郎的なコミカル味も含めて、タイムトラベルのつじつま合わせや伏線の回収も、違和感なく行っている。何より、この小説の初映画化が日本でなされたことに驚いた。

永遠の若さを得ることは果たして幸せなのか?『Arc アーク』


(C)2021映画「Arc」製作委員会


 今から遠くない未来。17歳で、生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナ(芳根京子)は、19歳のときにエマ(寺島しのぶ)と出会い、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術をする「ボディワークス」の仕事に就く。30歳になったリナは、エマの弟で天才科学者の天音(岡田将生)と結婚。共に不老不死の処置を受け、人類史上初めて永遠の命を得た女性となるが…。

 SF作家ケン・リュウの短編小説『円弧(アーク)』を、石川慶監督が映画化。芳根が17歳から89歳までを演じる。と言っても、見た目は若いままなので、髪形や服装の変化、あるいは言葉遣いやしぐさの違いでそれを表現するという難役をこなしている。倍賞千恵子、風吹ジュン、小林薫らが脇を固める。

 この手の映画は、過去をモノクロやセピア色で撮ることが多いが、それとは逆に、後半の“未来”のシーンをモノクロで撮るなど、石川監督は映像的にもいろいろと工夫を凝らしている。生と死、若さと老いについての、哲学的な要素も持ったSF(少し不思議)な話として、非常に興味深いものがあった。

 また、若さを保ったままの長寿=不老化という点で、ある奇跡的な出来事から29歳のまま年を取らなくなったヒロイン(ブレイク・ライブリー)がたどる数奇な人生を描いた『アデライン、100年目の恋』(15)のことを思い出した。アプローチの仕方は異なるが、どちらも、最後に、永遠の若さや不老不死を得ることは果たして幸せなのか? と問い掛けてくるところは同じだった。

記憶と時間にまつわる新機軸のラブコメディー『1秒先の彼女』


(C)MandarinVision Co, Ltd


 郵便局で働くシャオチー(リー・ペイユー)は、何をするにも人よりワンテンポ早い。ある日、シャオチーは、バレンタインデーにデートの約束をするが、目覚めるとなぜか翌日で、バレンタインが消えていた…。その謎の鍵を、毎日郵便局にやってくる、常に人よりワンテンポ遅い、バスの運転手のグアタイ(リウ・グァンティン)が握っていた。

 映画技法の、同じシーンの別撮りや、テーク(撮り直し)を利用して、シャオチーの消えたバレンタインをめぐる物語と、グアタイのアナザーストーリーを展開させるという、記憶と時間にまつわるちょっとシュールな新機軸のラブコメディー。ファニーフェースのペイユーが不思議な魅力を発散する。

 また、台湾では、年に2回バレンタインデーがあり、2月14日よりも、旧暦の7月7日の「七夕情人節(チャイニーズバレンタインデー)」の方が重要なイベントなのだという。だからこの映画の舞台は、バレンタインと言いながら、冬ではなく夏なのだ。そこも面白い。

 監督は“台湾ニューシネマの異端児”と言われたチェン・ユーシュン。欧米のこの手の映画のように洗練されてはいないが、粗削りなところがかえって新鮮に映る。そのうち、ハリウッドや日本でリメークされるかもしれないと思った。(田中雄二)

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定