誰もが未経験のサファリ・ラリー、シェイクダウン最速はオジエ。勝田5番手/WRC第6戦

0

2021年06月24日 12:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第6戦ケニア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第6戦ケニア
 WRC世界ラリー選手権第6戦サファリのシェイクダウンが6月24日、アフリカ・ケニアで行われ、TOYOTA GAZOO Racingのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が競技開始前のシェイクダウンでトップタイムをマークした。

 2002年以来、19年ぶりにWRCイベントとして開催されるサファリ・ラリー。23日は翌24日(木)に開幕するラリーを前にしたシェイクダウンが、ナイバシャ湖近くに設定された全長5.15kmの“ロルディア”で実施された。

 ラリー本番と同じくグラベル(未舗装路)で行われたこのテストでトップタイムをマークしたのは、前戦イタリアのウイナーで選手権首位に立っているオジエだ。ベテランながら、サファリでのラリー経験を持たない7冠王者は1走目で3分54秒8をマークすると、4度目の走行で全体ベストとなる3分42秒6までタイムを縮めてみせた。

 これに続いたのはチームメイトのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)で、タイム差はわずか0.1秒。そこから1秒遅れてヒュンダイのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が3番手につけた。

 シェイクダウンでトップとなったオジエは、週末のラリーがタフな戦いになると予想した。

「これは大きな挑戦であり、週末は厳しいものになるだろう」

「僕にとっての最大の課題は良いリズムを掴むことだが、いくつかのパートではプッシュできそうだ。いまのところは順調だ」

「レックはうまくいった。シェイクダウンもこのラリーの代表的なステージだったので、実際のラリーに向けてセットアップを調整することができた。準備はできていると思うが、このようなラリーでは本当に準備が整っているかというと、よく分からないね!」

 1走目に最速タイムを叩き出したダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)は3回目の走行で記録した3分44秒5で4番手に。トヨタ・ヤリスWRCを駆る勝田貴元が3分45秒6で5番手。以下、ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)、オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)、オリバー・ソルベルグ(ヒュンダイi20クーペWRC)と続き、10番手にアドリアン・フルモー(フォード・フィエスタWRC)が入った。

 11番手となったプラダの御曹司、ロレンツォ・ベルテッリ(フォード・フィエスタWRC)は、ソルベルグが切り株にヒットしてマシンを止めたアクシデントの影響を受け、1回目の走行を中断せざるを得なかった。また、彼のドライブするフィエスタWRCは4回目の走行中、ラジエーターにトラブルが発生している。

■2021年WRC第6戦ケニア シェイクダウン結果 
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタ・ヤリスWRC3'42.6233E.エバンストヨタ・ヤリスWRC+0.1311T.ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+1.146D.ソルドヒュンダイi20クーペWRC+1.9518勝田貴元トヨタ・ヤリスWRC+3.0644G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC+3.1769K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC+3.588O.タナクヒュンダイi20クーペWRC+4.692O.ソルベルグヒュンダイi20クーペWRC+7.41016A.フルモーフォード・フィエスタWRC+8.71137L.ベルテッリフォード・フィエスタWRC+18.7
    ニュース設定