江戸売り声漫談家・宮田章司さん死去 88歳

24

2021年06月24日 13:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真宮田章司さん
宮田章司さん
 江戸売り声漫談家・宮田章司(本名:山崎安富/やまざきやすとみ)さんが21日午後9時45分、老衰のため世田谷区内の自宅にて逝去した。88歳。24日に落語芸術協会が訃報を伝えた。

【写真】35歳の若さで亡くなった女流落語家・露の雅さん

 宮田さんは、1933年3月19日生まれ。東京都足立区出身。1954年に漫才師宮田洋容(故人)門下生となる。1955年に同門の宮田陽司とコンビを組み『陽司・章司』のコンビ名で漫才界にデビュー。文化放送のレギュラー番組を持つ傍らフジテレビ、テレビ朝日、日本テレビなどの、演芸番組に数多く出演。

 1964年に三沢あけみの専属司会者となり、1969年に日本テレビ『1.1PM』のレギュラーに抜てき。1976年コンビ解消後、漫談家と司会者の2足のわらじを履き、マヒナスターズの専属司会者となる。

 その後、芸術祭賞を受賞した大道芸の『坂野比呂志(故人)』と出会い江戸売り声の魅力に取り憑かれ、坂野比呂志亡き後、日本で唯一人の本格的な「江戸売り声百景」和風漫談家となった。

 朝顔売り、アサリ売り、納豆売り、金魚売り、葉とうがらし売りをはじめ、レパートリーは200を超えた。多彩な売り声で季節と共に江戸情緒を映し出し、リクエストに応じて実演する掛け合いは寄席の色物として珠玉の存在だった。

 売り声を切り口に江戸文化を記した書籍・図鑑執筆、各種媒体への出演をはじめ、2017年1月公開の映画『沈黙ーサイレンスー』(監督:マーティン・スコセッシ)にも売り声で出演するなど、江戸売り声の第一人者として幅広い活動をした。

 2019年7月7日、東京・新宿末広亭の高座が最後の出演。なお、葬儀は近親者にてきょう24日に執り行われた。喪主は妻でマジシャンの松旭斎小天華(本名:山崎和江)さん。

このニュースに関するつぶやき

  • 合掌。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 1.1PMって何だ?中国飛来かよ…。合掌。
    • イイネ!10
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定