豊田ルナ、憧れの『ウルトラマン』出演に感慨 もし怪獣が現れたら?「制服を着てるからには…」

2

2021年07月24日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』に出演する豊田ルナ (C)ORICON NewS inc.
『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』に出演する豊田ルナ (C)ORICON NewS inc.
 7月10日から放送中の特撮ドラマ『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』(テレビ東京系 毎週土曜 前9:00)でヒロインを演じる豊田ルナ(18)。『ミスマガジン2019』のグランプリ選出をきっかけにグラビアアイドルとして活躍するほか、子役時代には大河ドラマにも出演した経験を持つ。今作でヒロインのオファーを受けた際には「なにかの間違いかと思った」という彼女に、人気シリーズ出演が決まったことで抱いた気持ちや撮影の舞台裏について語ってもらった。(取材・文/森ユースケ)

【写真】キュートに「スマイルスマイル」する豊田ルナ

■司令室のセットがカッコよくて心拍数が爆上がり

――オファーを受ける前、ウルトラマンシリーズにどんなイメージを持っていましたか?
【豊田】怪獣と戦って地球を守ってくれる、カッコいいヒーローです。フォルムもカッコいいと思ってたけど、デザインを見比べたことはなかったので、お話をいただいてからいろいろな作品を見るなかで、こんなにデザインが違うのか…って見比べて、少しずつ知識が増えていってます。

 まず見たのは前作『ウルトラマンZ』、今作と関係の深い『ウルトラマンティガ』の映画、其原有沙ちゃんと別の番組で共演してるので『ウルトラマンR/B(ルーブ)』。ヒジリ アキトくん(金子隼也)がウルトラマンシリーズの大ファンで、豆知識をたくさん教えてくれるから、私もどんどん興味がわいてます。

――知っているなかで、いちばん好きな怪獣は?
【豊田】カネゴンかな。一見するとかわいいけど、しっかり見るとやっぱり怪獣だなって思います。ブースカもかわいくて好きです。

――ヒロイン役のオファーが来たときの心境を教えてください。
【豊田】「打ち合わせがあるから事務所に来て」と呼ばれて、「なにか悪いことしたかな…?」と思いながら行ってみたら、資料を出されて「決まりました」って言われたんです。目を通すと「ウルトラマンシリーズ55周年、ウルトラマンティガの生誕25周年、節目の作品として」って、すごいことがたくさん書いてあって、しかもヒロイン役。こんな大きな作品の、しかもヒロインなんて、なにかの間違いじゃないかと思って、うれしいけど信じられない気持ちでいっぱいでした。

 話が終わってすぐ母に電話したんですけど、私と同じ気持ちだったみたいで、深く喜んだあとに「間違いでした」って言われたらショックだから、しばらくは心から喜んでもいいのか複雑な心境でした。結局、本格的に撮影が始まるまでは、お互いにその話題に触れないように過ごしてましたね(笑)。台本を受け取ったり、衣装を選んだりするうちに、心から喜べるようになっていきました。

――1番うれしかった瞬間は?
【豊田】感動したのは、台本に「マナカ ケンゴ役 寺坂頼我」の次、2番目に「シズマ ユナ役 豊田ルナ」って載ってたことです。こんな大きな役をいただくのは初めての経験だったので、うわ〜こんなところに名前が載ってるって感極まりました。ヒロイン役をできるんだって改めて実感したのは、この衣装を着たときです。

 衣装を自分のサイズで作っていただいたり、小道具を用意していただいたりして、本当にありがたいです。隊員服に袖を通したり、小道具を持つたびにステキな役にめぐり会えたんだと改めて実感します。

■海外からも反響「広く知っていただけるのはすごくうれしい」

――役が決まったことについて、周囲の反響は?
【豊田】真っ先に伝えた母は『ウルトラマンティガ』を見てたらしくて、ティガの系譜の作品であることについて「あの長野博くんが出てたティガ?」とびっくりしてました。発表までは父と姉にも言わなかったので、公式からの情報が出たときにすごく喜んでくれたし、親戚にも小さい子どもがいる家庭が多くて、みんな「絶対に見るよ!」って言ってくれて。

 昔から応援してくれてるファンの人たちもすごく喜んでくれたし、ウルトラマンシリーズのファンのみなさんは「ウルトラの世界へようこそ」ってあたたかいコメントをくださったので、頑張らなきゃって思いました。

 キャストのみんなで出演したオンライン発表会のあとに「チームワークの良さが伝わってきた」ってコメントが多くて、そのチームワークが発揮されてる作品を早く見てほしいなって思います。海外からも、中国、香港、台湾、韓国、インドネシア、マレーシアといろいろな国の方からコメントもいただいて、自分の名前が広く知っていただけるのはすごくうれしいです。

――女優として活躍することが夢とのことですが、将来は海外での活動をしたい気持ちもありますか?
【豊田】韓国語を勉強してるので、しっかり習得していつか韓国の作品に出てみたいです。そのほかにも、コロナ禍が収まったら、応援してくださるみなさんと会うために海外でイベントをやってみたいですね。

――劇中のユナは現役女子高生で、豊田さん自身も今年の3月まで高校生だったわけですが、演じるうえで学生時代を思い出すこともあったのでしょうか。
【豊田】クランクインしたときはまだ自分もギリギリ高校生だったんですけど、卒業してから制服を着るシーンを撮影したときにはもう気持ちが変わってて、“もう卒業した私が着ていいのかな…?”って思ってました(笑)。

 衣装が3種類あったなかで「どれが良い?」って聞かれて、白いセーラー服を選んだら、坂本浩一監督も同じ意見だったみたいで、私が選んだ制服に決まりました。登校するシーンもあるんですけど、学校にいるときのユナは、GUTS-SELECTにいるときの緊張感や責任感から離れて普通の学生らしい一面を出せるように意識して演じてます。

――撮影現場で司令室のセットを見たときの感想を教えてください。
【豊田】衣装で腕時計をしてるんですが、心拍数が計れる機能がついてるので、現場に入った瞬間、数字が爆上がりしちゃったんです。普通は60〜70だったのに、120まで上がって、自分で「めっちゃドキドキしてるじゃん」って恥ずかしくなりました(笑)。でも、心拍数が上がるくらい、カッコいいセットってことですよね。

 SFが好きで近未来な世界観の作品に憧れていたので、モニターやパネルの光り方ひとつとっても、まさに思い描いてた体験ができて、うれしい気持ちもありました。

――どんなSF作品が好きなんですか?
【豊田】コロナ禍のステイホーム期間で、DCコミックス系の『THE FLASH/フラッシュ』や『ARROW/アロー』などのドラマにハマりました。空中に浮かぶモニターを操作したり、ヒーロー系特有の世界観がしっかり作られた作品に憧れてたので、宇宙を舞台に活躍する防衛隊の一員になれるなんて、夢がかなってワクワクしてます。

■NGが出てもなごやかな撮影風景

――坂本監督の作品ではアクションシーンが見どころの1つですが、今作で豊田さんもアクションシーンに挑戦しているんですか?
【豊田】今のところ、激しいアクションシーンはまだ体験してないけど、攻撃を受けてふっとんだり、受け身を取ったりするので、坂本監督から直接教わることもありました。

 ふっとばされるところは、殺陣師の方から「ベッドにダイブする感じで」って言われて、マットにダイブしました。高さがあるところから飛ぶこともあって、自分の身長ほどの高さの台から飛ぶときはけっこう怖かったです。

――ここまでの撮影で一番難しかった動きは?
【豊田】初めて銃(ガッツスパークレンスのハイパーガンモード)を構えたとき、「なんだか弱そうだな」って言われちゃったので、もっと強そうに見えるように頑張ります(笑)。

 転がる動きが難しいです。前転の受け身もそうだし、寝てる状態からごろごろ転がる動きが難しくて、まっすぐ進んでるつもりが、右に左にずれちゃうので、なかなかうまくいかないんです。モダン、クラシックバレエを12年やってたので、体を動かすのは苦手じゃないはずなんですけど、まだまだ慣れないですね。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?
【豊田】大人組のみなさん、特にタツミ セイヤ隊長(高木勝也)とサクマ テッシンさん(水野直)率先して場を盛り上げてくださるので、ありがたいです。最初は緊張したけど、すぐなじめました。

 司令室では隊員みんなで話すことが多いけど、外に出るときはアキトとケンゴ、ユナの3人が一緒のことが多いので、撮影中はもちろん、待機時間にもいろいろな話をしてます。

 オンライン発表会でナナセ ヒマリさん(春川芽生)が「ムードメーカーが5人くらいる」って話してましたけど、本当にそのとおり。そのときどきで違う人がボケて、ツッコんで…ってみんなで楽しく盛り上がってます。

――特に印象的な場面は?
【豊田】隊長が「三千万年前」って言うはずが、「三千万年万年前」ってかんでしまったときです。シリアスなシーンでみんなが真剣に聞いてたので、一瞬、時が止まって、そのあとに監督、スタッフ、キャストが一斉に吹き出して、めちゃくちゃおもしろかったです(笑)。

 そのあとのテイクでは、隊長がせっかくちゃんと言えたのに、アキトが笑って、私もつられて笑って、結局NGになっちゃいました。NGが出たときもなごやかな現場です。ほかには、本番中なのにテッシンさんがカメラに映ってないところで笑わせようとしてくるので、いつも必死で笑いをこらえてます。

――過去のインタビューで「友だちを作るのが苦手」と語っていましたが、オンライン発表会では打ち解けた雰囲気を感じました。
【豊田】周りから信じてもらえないんですけど、実は人見知りなんです。自分から話しかけるのが苦手なので、今回のキャストのみなさんはフレンドリーに話しかけてくださったので、仲良くなれました。今は撮影に行くのが楽しみです。

 プライベートでは今年の春に大学に入って、今は休学してるので、復学するときに友だちができるのかちょっと不安…。もう人間関係が出来上がってそうじゃないですか。その世界に飛び込んでいけるのかなって。

――演じているユナは主人公の教育係ということで、自分からどんどん話しかける役どころ。演じるうちに役の影響で、人見知りな性格が変わる可能性はありそうですか?
【豊田】ユナちゃん効果でそうなったらいいですけど、今のところなさそうです(笑)。お芝居をしてるときは大丈夫なのに、プライベートだと萎縮しちゃうんです。どう話しかけたらいいかって考えてあたふたしちゃう。

 有沙ちゃんと一緒の番組でも、最初はどう話せばいいかわからなかったけど、徐々に仲良くなって、今では家みたいにリラックスして撮影してます。

――其原さんとは、すでに仲良いうえ、“新しいウルトラの絆”ができたわけですね。
【豊田】そうですね。うれしいです。

――撮影を通じて、なにか自身の変化を感じますか?
【豊田】グリーンバックで撮影してるとき、なにもないところに怪獣やウルトラマンがいると想像して演技をしているので、プライベートでもふとした瞬間に“もしあそこに怪獣がいたらどうするか…”って想像するようになりました(笑)。

――ではもし今、建物の外に怪獣が出現したら…?
【豊田】この制服を着てるからには、「GUTS-SELECTです!」って行くしかないですよね(笑)。逃げるわけにはいかない。「怪獣と逆方向に逃げてください」「写真を撮りに行ったらダメですよ!」って避難誘導をすると思います。でも、きっとみんな写真を撮りに行きたくなっちゃいますよね。SNSにアップしたくなる気持ち、私もわかります(笑)。

このニュースに関するつぶやき

  • すみぺ(上坂すみれ)目的で 観てるけど、意外と 内容がしっかりしてて、良かった。�ŵ��Ԥ��Ԥ��ʿ������� 「ティガ」を越えられるかどうか、分からないけど、ルナちゃん、頑張ってね。�ŵ��Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定