海外渡航者向けの「ワクチンパスポート」発行スタート 当面は書面、デジタル化も検討

12

2021年07月26日 13:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真ワクチンパスポートのイメージ
ワクチンパスポートのイメージ

 厚生労働省は7月26日、海外渡航時に新型コロナウイルスワクチンを接種したことを証明できる「ワクチンパスポート」の発行を始めた。対象国への入国時に提示すれば、防疫措置の緩和などが受けられるという。同日時点の対象はイタリアや韓国など6カ国。当面は書面で交付するがデジタル化も視野に入れており、電子証明書の発行に使う二次元コードの国際規格が定まり次第、対応を検討する。



【その他の画像】



 日本でワクチンを2回接種し、海外渡航の予定がある人を対象に発行する。申請はワクチンの接種券を発行した自治体の役所などで受け付け、パスポートや接種券、ワクチンを接種済みであることを示す「接種記録書」、マイナンバーが確認できる書類などの提示を求める。このうち神戸市は独自の取り組みとして、専用サイトからのオンライン申請のみ受け付けている。



 ワクチンパスポートにはワクチンのメーカー、製造番号、接種時期、接種を受けた人の氏名や生年月日などを日本語と英語で記載。発行にかかる時間や手数料は自治体によって異なる。



 厚労省はワクチンパスポートについて、渡航先で利用する予定がない場合は発行しないとしており、日本で証明が必要な場合は接種記録書などを使うよう呼び掛けている。


このニュースに関するつぶやき

  • GOTOもそうだけど、こういうことするから「もう出かけていいんだ」って思うヤツが増えるんだよ。人流を抑えたいとか言ってるくせに何やってんだ?って思う。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ワクチン反対論者の男性、1ヶ月の闘病の末に死亡 https://www.bbc.com/japanese/57965936 https://mixi.at/abI6QPD
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ニュース設定