SixTONES、モノクロの世界でクールに佇む “超BIGサイズ”の表紙&巻頭特集

2

2021年07月28日 09:22  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『MG(NO.6)』の表紙を飾るSixTONES(東京ニュース通信社刊)
『MG(NO.6)』の表紙を飾るSixTONES(東京ニュース通信社刊)
 人気グループ・SixTONESが28日発売の音楽誌『MG(エムジー)』(東京ニュース通信社)の表紙を飾っている。“超BIGサイズ”の誌面で大迫力の表紙・巻頭特集が実現した。

【別カット】JO1・白岩瑠姫、緑黄色社会、miletらが登場

 モノクロという飾らない世界の中で堂々と佇む姿を撮影したプレミアムフォトセッションを掲載。ロングインタビューでは、 8月11日にリリースする5枚目のシングル「マスカラ」の魅力に迫る。

 今回のシングルは、情熱的で切ないオトナの恋愛を歌ったナンバーで、作詞・作曲をKing Gnu、 millennium paradeなどで活躍する常田大希が手がけたことでも話題に。そんな待望のコラボシングルについて、「自分ならではの表現に落とし込むためにめちゃくちゃ研究してからレコーディングに臨んだ」「楽曲と自分たちの表現が勝負するような気持ち」と作品への熱い思いを語ってくれた。

 そのほか、ラブソング「マスカラ」リリース記念として、メンバーが自身の特別なラブソングを選曲する企画やSixTONESの軌跡を振り返るディスコグラフィー、初回盤B収録の新曲「フィギュア」を作詞・作曲したくじらからのSPコメント、アリーナツアー「on eST」ライブリポートといった大ボリュームの内容でお送りする。

 また、巻末10Pに及ぶSPグラビアには、 Sexy Zoneの佐藤勝利&松島聡が登場。秦基博の提供曲「夏のハイドレンジア」についてはもちろん、グループ結成から今年で10年となる彼らが新しい音楽にチャレンジし続けることへの思いを赤裸々に語ってくれた。

 ジャニーズWEST・神山智洋の連載は、神山を構成する要素の1つである“ダンス”がテーマ。ダンサーとして振付師として、敬愛するs**t kingzを迎えてのフリーダンス&ダンス談義を繰り広げる。 実際にダンススタジオでフリーダンスを披露しあう5人を撮影した躍動感溢れるグラビアは必見だ。

 その他、ウルフルズ、JO1、白岩瑠姫、緑黄色社会、milet、神はサイコロを振らない、FIVE NEW OLD、Tani Yuukiらが登場する。
    ニュース設定