斎藤工主演『漂着者』第2話 ヘミングウェイの周りに死の連鎖 詠美“白石麻衣”をバックハグ

1

2021年07月30日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真テレビ朝日金曜ナイトドラマ『漂着者』第2話より (C)テレビ朝日
テレビ朝日金曜ナイトドラマ『漂着者』第2話より (C)テレビ朝日
 俳優の斎藤工が主演するテレビ朝日金曜ナイトドラマ『漂着者』(後11:15〜深0:15 ※一部地域で放送時間が異なる)。第2話が、きょう30日に放送される。

【写真】なにかの数式を一心不乱に書くヘミングウェイ(斎藤工)

 ヒットメーカー・秋元康氏が手掛ける本作。斎藤が演じるのは、とある海岸に全裸で流れ着いた記憶喪失の男・ヘミングウェイ。自分が何者なのかもわからないが、まるで予言か透視のごとく神がかった能力を発揮。その様子を記録した動画が拡散されるにつれ、ヘミングウェイを信奉する人が続出し、まるで教祖かのように日本中の人々を狂信させていく。しかし、その一方では、県内で連続する女児誘拐殺人事件との関連も疑われて…。この物語の最大の謎となるのはヘミングウェイの正体。その正体が明らかになるその時、この物語の謎がすべて解ける。そして、衝撃の結末を迎える。

 第2話は、新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)、担当医・国原栄一(船越英一郎)、ヘミングウェイの身元引受人・ローゼン岸本(野間口徹)、そして駐車場にいた刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)、野間健太(戸塚純貴)の前で、突然身を投げたヘミングウェイが奇跡的に一命をとりとめるところからスタートする。

 病院にヘミングウェイを迎えに来たという謎めいた男・ローゼン岸本。ヘミングウェイに向かって、胸の前で腕をクロスするという大学教授が死亡していた時と同じポーズをして見せた怪しい男は、NPO法人「しあわせの鐘の家」の代表で、ヘミングウェイの過去、そしてその正体を知っているようす。

 ヘミングウェイのすべてを知りたいと願う詠美に、「まだ準備ができていません…。彼も、あなたも、世界も…」と意味深な言葉を残しただけでなく、突然窓から身を投げたヘミングウェイを見ても一切動じず、ほほ笑みを絶やさないローゼン。ヘミングウェイの正体を暴く重要なカギを握るこの男は、一体何者なのか。

 また、胸の前で腕をクロスしたポーズで不審死を遂げた大学教授・後宮徳治郎(越村公一)。自分の姿を見て激しく動揺したことが忘れられないヘミングウェイが、国原とともに後宮の病室に向かうと、壁一面に後宮が書いた遺伝子工学の数式が。それを見たヘミングウェイが一心不乱に数式の続きを書き殴り始める。記憶を失っているヘミングウェイが、なぜ難解な数式に手を加えることができるのか…。

 さらに、世間を騒然とさせている女児連続殺人事件。早期解決が望まれる中、失踪した女児の行方を言い当てたことから、日本中がヘミングウェイの“予言”を求め始める。新聞記者として真実だけを追求する詠美も、ヘミングウェイの不思議な能力を認めざるを得ない状況に困惑するが…。一方、当のヘミングウェイの記憶は一切戻らず、知らない人がいないほどの有名人になったにも関わらず、ヘミングウェイを知る人物も誰一人現れない。そんな状況の中、ヘミングウェイの周りで、不可解な事件が次々と発生。彼の正体を暴くまで、死の連鎖は止まらない。しかし、その謎に触れようとすると、そこに待ち受けるのは死。今夜も、誰かにそっと死の影が忍び寄る。
    ニュース設定