岡田准一、“師匠”柔術家・橋本知之選手と超速肉弾戦バトル 『ザ・ファブル』本編映像が公開

0

2021年07月30日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(C)2021「ザ・ファブル殺さない殺し屋」製作委員会
映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(C)2021「ザ・ファブル殺さない殺し屋」製作委員会
 人気グループ・V6の岡田准一が主演する『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』。随所に散りばめられたアクションシーンがみどころとなる今作において岡田は主演としてのみならず、ファイトコレオグラファーとして自らアクション制作に参加。現場では演者でありながらも共演者にアクション指導するその姿から『岡田師範』と呼ばれていた。今回、そんな岡田の“師匠”とも呼べるブラジリアン柔術の使い手で柔術家・橋本知之選手が、岡田と劇中で対決するシーンの本編映像が公開された。

【動画】岡田准一、“マジの師匠”と肉弾戦シーン公開

 累計800万部の人気を誇る原作コミック『ザ・ファブル』(原作:南勝久氏、講談社『ヤンマガKC』刊)を映画化したシリーズ第2弾。原作で“一番泣ける”と言われるエピソードで、ファンからも特に評価の高い“宇津帆編”を描く。どんな相手も6秒以内に仕留める伝説の殺し屋・ファブルを岡田が演じ、木村文乃、平手友梨奈、山本美月、佐藤二朗、堤真一らが出演している。

 橋本選手はブラジリアン柔術の選手として活動する傍ら、柔術指導もしており、そのなかで指導を受けていた岡田から映画出演のオファーを受け、今回「ファブルの敵」としての出演が決まった。“弟子”である岡田について橋本選手は「ブラジリアン柔術をする前から色んな格闘技をやっていたので、初心者とは思えないほどの腕前だった」と、そのポテンシャルに太鼓判を押す。

 こうして実現したのが、劇中のド派手アクションシーン『団地パニック』で突じょ繰り広げられる「リアル師弟対決」。宇津帆一派の追っ手を退けて、団地のある一室に入るファブル。するとそこに一言も発することなく、不気味にファブルをにらみつける一人の男(橋本)が登場する。特製の拳銃を使うファブルに対し、謎の男は素手で戦いを挑む。銃弾をかわし、その後は激しい取っ組み合いの戦いへと移っていく。あまりの速さに目が追いつかないほどの「超速肉弾戦バトル」だ。

 この一連の格闘シーンの構築について橋本選手は「岡田さんがシチュエーションを考え、そこにブラジリアン柔術で使う技がどのように入れられるかってことを、僕と岡田さんとで話し合って決めていきました」と師弟で生み出したものだと振り返る。

 しかし、ブラジリアン柔術は動きの地味さから映画にあまり取り入れられることが少ないという。橋本選手は「確かに実際の試合は客観的に見ても地味。でも例えば実際の打撃と競技の打撃とでは違う。それと同じで、今回劇中で使用した寝技は、初動を早めに動いたりした。何が起きているか、具体的に分からなくてもすごいことをしているというのが伝わればいいと思った」と経緯を語った。

 岡田も「ブラジリアン柔術のデラヒーバからベリンボロという技があって、この技を使っている映画って、たぶん世界でもまだ他にはないんじゃないかな。専門家が見ればすごくわくと思います」とこん身のシーンに自信。SNSでも「あの格闘シーンはハリウッドを超えてた!」、「もはや芸術」、「技が異次元すぎる」など話題騒然となっている。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定