ハンガリーGP FP2:初日はボッタスが最速、メルセデスが1-2。フェルスタッペンが3番手に続く

0

2021年07月30日 23:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
 2021年F1第11戦ハンガリーGPのフリー走行2回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは5番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅は17番手となっている。

 午後も快晴に恵まれ、現地時間午後3時からのFP2は気温32度、路面温度は実に63度まで上昇した。FP1でクラッシュした角田は、マシンのダメージが予想以上に大きかったのか。セッションが始まってガスリーが他の多くのドライバーとともにコースインしていくなか、まだガレージにこもったままだ。

 ランド・ノリス(マクラーレン)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)をのぞく16人がミディアムタイヤで出走し、まずはボッタスがトップタイム。0.046秒の僅差でフェルスタッペン、コンマ4秒落ちでハミルトンが続く。ペレスはチームメイトからコンマ7秒落ちながら、4番手につけている。

 その後ハミルトンが大きくタイムを伸ばし、1分18秒140でトップに。コンマ1秒差でボッタス、フェルスタッペン、ペレスが続く。そして午前中も6番手と好調だったフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が、5番手につけた。

 その後各車はソフトタイヤに履き替え、まずガスリーがトップタイム。しかしすぐにボッタス、ハミルトン、そしてエステバン・オコン(アルピーヌ)が抜いて行く。前戦イギリスGP以来、アルピーヌは本格的に復調してきた印象だ。遅いタイミングで出て行ったフェルスタッペンはアンダーステアを訴え、首位ボッタスからコンマ3秒落ちの3番手に留まった。ペレスもペースが伸びず、オコンの後ろ5番手だ。

 ボッタスからフェルスタッペンまでの上位3台は、すぐに中古ミディアムに履き替え、ロングランに取りかかった。ペレス、アロンソ、アストンマーティンの2台も少し遅れてミディアムを選択した。一方で4番手オコン以下の多くは、ソフトタイヤでのロングラン。上位勢では唯一ノリスだけが、ハードを履いた。

 このセッションはボッタス、ハミルトンのメルセデス勢が1-2。フェルスタッペン3番手、オコン4番手、ペレス、ガスリー、アロンソと続き、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ノリス、ランス・ストロール(アストンマーティン)が8、9、10番手を形成した。角田はセッション終盤にようやく修理を終え、終了2分前にコースイン。ソフトで1周だけタイム計測が叶い、1分19秒671の17番手タイムを出した。
    ニュース設定