青春ドラマの傑作『六番目の小夜子』が深夜に蘇る 山田孝之、栗山千明の中学生役にも注目

1

2021年07月31日 06:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『六番目の小夜子』(写真提供=NHK)
『六番目の小夜子』(写真提供=NHK)

 7月31日から8月2日にかけて、NHK総合の深夜帯で連続ドラマ『六番目の小夜子』が再放送される。


【写真】『六番目の小夜子』に出演していた俳優たち4点


 2000年にNHK教育の「ドラマ愛の詩」で放送された『六番目の小夜子』は、「青春ドラマの傑作」と語り継がれているドラマだ。


 物語は、とある中学で語り継がれる不思議な言い伝え「サヨコ伝説」が軸となっている。3年に一度、「サヨコ」と呼ばれる役割に、ある生徒が選ばれる。「サヨコ」に選ばれた生徒は3つの役割を果たすことが求められ、それが成功すれば、大いなる扉が開かれると噂されている。主人公の潮田玲(鈴木杏)は次のサヨコに選ばれたいと考えていたが、そこに津村沙世子(栗山千明)という女子生徒が転校してくる。果たして彼女がサヨコなのか? 「サヨコ伝説」をめぐって校内はざわつき始める。


 原作は『夜のピクニック』(新潮社)や『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)などの小説で知られる恩田陸の作家デビュー作。新潮社が主催する第3回日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった本作は、1992年に文庫化されたが、当時はすぐに絶版になってしまったという。しかしその後、「幻の小説」として口コミで噂されるようになり、1998年に改めて単行本化。今では青春小説の名作として広く知られている。


 一度消えた幻の小説が時を経て復活したという本作の変遷自体が、劇中で語られる「サヨコ伝説」のようだが、2021年前のドラマがこうして蘇ることもまた、とても「サヨコ伝説」的である。


 ドラマの脚本を担当したのは宮村優子。『アシガール』などのNHK制作のドラマを多く手掛けている。NHK教育で放送されたアニメ『電脳コイル』の脚本やノベライズにも関わっている宮村はジュブナイルの名手で、子供の心に寄り添った不思議な物語を書かせたら右に出るものはいない。


 演出も、当時のNHKドラマとしては、とてもポップで大胆なものとなっていた。中でも注目は、文化祭で「サヨコ」にまつわる演劇がおこなわれる場面。これから観る人のために詳しい内容は伏せるが、リアルタイムで観た時は「何が起きてるのだ?」と驚かされた。テレビドラマ史に残る名シーンといっても過言ではない。


 そして、最大の見どころは、鈴木杏、栗山千明、松本まりか、山田孝之、勝地涼、山崎育三郎といった現在も活躍する俳優が、中学生役を演じている姿だろう。


 何より圧倒されるのが津村沙世子を演じる栗山千明。当時の栗山は映画『死国』などに出演し、ミステリアスな美少女として注目されていた。“なぞの転校生”として登場する沙世子は、当時の栗山にしか演じられないハマり役だと言って過言ではないだろう。


 一方、現在の視点から振り返った時に面白いのが、影のある優等生・関根秋を演じる山田孝之。現在は『闇金ウシジマくん』(MBS)や『全裸監督』(Netflix)の印象が強い怪優だが、10代の頃は繊細な美少年を演じることが多かった。


 他にも、声を聴いただけですぐに本人だとわかる松本まりかなど、人気俳優の若き日の姿が見られるという意味では、同窓会的な楽しさもある。


 原作では高校生の物語だった『六番目の小夜子』だが、ドラマ化に際して中学生の物語に変更されている。また小説には登場しない潮田玲という快活な少女を主人公にするという大胆な脚色が加えられている。


 ここまで変えてしまうと、別の話ではないかと思われる方も多いかもしれない。実際、小説にあった暗鬱とした空気は薄まっていて細部も微妙に違うのだが、奥底にある「学校とは何か?」というテーマはしっかりと受け継がれている。


 木皿泉が脚本を手掛けた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)もそうだったが、歴史に残る学園ドラマは、その時代を生きる少年少女内面を描くと同時に、学校という空間を作り手が独自の解釈で捉え直している。


 『六番目の小夜子』はその筆頭であり、玲たちが「サヨコ伝説」について調べる姿を追いかけていると「学校とはなにか?」と視聴者自身もまた、考えさせられる構造となっている。


 本作で描かれる学校は「身近な異界」という手触りだが、この感触は大人の方が理解できるのかもしれない。


 卒業して何年も経つ大人の視点で振り返ると、学校はとても不思議な場所だったと思う。学校は「社会のルール」を学ぶ公共の場で、学生にとっては家庭の次に身近な「日常そのもの」と言える場所だ。しかし、建物としての学校は神社やお寺といった宗教施設のようで、大人になってから敷地に入ると、何かに見られているような気配を感じて、とても緊張する。


 『六番目の小夜子』を読んでいて強く感じるのは、学校という空間が持つ不可思議な気配である。その独自の雰囲気を映像化することにドラマ版はもっとも力を入れている。その意味で本作の裏の主人公は「学校」そのものだと言えるのかもしれない。


 現役の学生が観てもすでに卒業して何年も経つ大人が観ても、何か感じるものがあるドラマだと思う。深夜に蘇る「サヨコ伝説」。是非とも堪能いただきたい。


(成馬零一)


    ニュース設定