レッドブル代表「ルイスには駆け引きをする権利があった。これもゲームの一部」/F1第11戦予選

1

2021年08月01日 13:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第11戦ハンガリーGP 予選アタックに向かうマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第11戦ハンガリーGP 予選アタックに向かうマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
 2021年F1ハンガリーGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは4番手だった。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 今週末を通して、メルセデスは速さを発揮している。だがマックスのQ2でのタイムは非常に素晴らしいものだった。Q3で彼はマシンバランスに完全には満足していなかった。それを考えると今日の我々にとっては3番手が最大の結果だった。

 マックスとチェコが2列目に並んだことで、決勝に向けて選択肢が増える。前のメルセデスとは異なる戦略で走るので、エキサイティングなレースになるだろう。

 ルイスがミディアムで出したタイムと同等のタイムを我々は出すことができなかった。それで、戦術的に、別のルートを選んだ方がいいかもしれないと感じた。スタートを考えればソフトタイヤの方が好ましい。このサーキットはオーバーテイクが非常に難しいので、戦略が重要になる。明日は攻撃的なレースをしなければならない。

 ルイスはQ3の最初のランで見事なラップを走った。それで彼は最後のランのアウトラップでは、我々のマシンにアドバンテージを与えたくなかった。結局ついてないことに、チェコはQ2での2回目のランでアタックラップに入ることができなかった。これはちょっとした駆け引きだ。あの位置にいた彼(ルイス)には、そうする権利がある。我々としては何の問題もない。重要なのは明日だ。

 シルバーストンとブダペストでメルセデスが強いことは分かっていた。昨年を思い返せば、シルバーストンでは我々は彼らより1秒遅かった。そしてハンガリーではそれ以上の差があったのだ。従って、これほど近づけたことを励みとして受け取る。

 戦略が異なり、グリップレベルが違うので、明日我々は好スタートを決めて、彼らに戦いを挑まなければならない。今年のチャンピオンシップの後半戦は長く、見ごたえのあるものになるだろう。

(formula1.comに対して語り)ルイスは素晴らしいラップを決めた後、後方を塞いだ。我々のマシンにクリーンなランをさせたくなかったからだ。だが、彼にはそうする権利がある。そういうトラックポジションにいたからだ。

 彼のラップタイムは、予選タイムより大幅に遅かった。自分の後ろで何が起きているかの方に関心があったのだ。だがそれもゲームの一部だ。

このニュースに関するつぶやき

  • ハミルトンはわざとノロノロアウトラップをやったと思うが、レッドブルはその駆け引きを肯定することで、次はウチもやるとプレッシャーをかけている。
    • イイネ!0
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定