ノリス「ターン1でアクシデントに巻き込まれ、どうすることもできなかった」:マクラーレン F1第11戦決勝

0

2021年08月03日 07:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第11戦ハンガリーGP ランド・ノリス(マクラーレン)
2021年F1第11戦ハンガリーGP ランド・ノリス(マクラーレン)
 2021年F1第11戦ハンガリーGPの決勝レースが行われ、マクラーレンのダニエル・リカルドは12位でレースを終えた。チームメイトのランド・ノリスはオープニングラップでの多重クラッシュに巻き込まれ、赤旗中断中にマシンを修復することができずリタイアとなった。

■マクラーレンF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=12位(暫定結果)
 こういうレースは大混乱になって、ファンにとっては面白いものだ。ウェットでのスタートは決して退屈なものにはならず、僕らにとってはトリッキーなこときわまりない。僕はターン1を半分ほど回って、どうやら混乱からは無事に逃れたと思っていた。そして、前に見えるクルマは1台だけだったので、「2番手だ、スゲぇ!」と思った。ところが、もうコーナーを立ち上がろうとしていた時に、シャルル(・ルクレール)が突っ込んでくるのが見えたんだ。おそらく彼も誰かにヒットされたのだと思ったよ。コーナーの立ち上がりに近いところで当たってきたからね。

 他にもターン1でミスをしたドライバーが何人かいて、大勢が巻き添えでレースを台無しにされた。ご存知のとおり、バルテリ(・ボッタス)のおかげでランド(・ノリス)はリタイアを強いられ、僕はランス(・ストロール)のとばっちりを食った。それ以降は、できるかぎり頑張ってはみたものの、僕にできることはあまり多くなかった。一時は前を行くクルマについて行くこともできたけど、僕のクルマにはダメージがあり、ここではオーバーテイクが難しいこともあって、挽回できる範囲は限られていた。

 終盤にはタイヤも終わってしまって、とにかく必死で踏ん張るしかなくなり、ポイント圏内には踏みとどまれなかった。マックス(・フェルスタッペン)を抑えきろうとして、正直言うと、何とかなるんじゃないかと思っていたんだけど。彼を何周にわたって抑えたのかは分からないが、とにかく彼に抜かれた時点で、僕のレースは終わった。残念なことに。

 最初はすごく期待できそうだった。でも、こうしてレースと番狂わせだらけのリザルトを見ると、自分も上の方にいられたかもしれないと思うよ。運に恵まれず、そうはならなかったけどね。今日の僕は、自分に落ち度はなく、ただ不運に見舞われた大勢のドライバーのひとりだった。

 こういうレースの後は、みんな気持ちを切り替えて休暇に入りたいものだ。だけど、僕らはもう何日か頑張って、テストをすることになっているんだ。それが終わったら、いよいよ楽しみにしていた休暇を迎える。いったんスイッチをオフにして、バッテリーも充電して、ベルギーでいいパフォーマンスを見せたい。

■マクラーレンF1チーム
ランド・ノリス 決勝=リタイア
 あまり言うべきことはない。短いレースだったからね。何しろターン1まで到達しただけだ。それまでは、ものすごくいい感じで3番手まで浮上していた。ところが、そこでアクシデントに巻き込まれ、もうどうすることもできなかった。メカニックのみんなは、何とか赤旗の間にクルマを修理して、僕をコースに戻そうと必死で努力してくれた。だけど、ダメージがあまりにも大きくて、それは不可能だったんだ。本当に残念だよ。

 でも、僕に落ち度があったわけじゃない。それまでは、ずっといい週末を送っていて、あらゆることがうまく行っていた。だから、自分たちのパフォーマンスには満足できるし、次のレースが楽しみでもある。

 チームのみんなが、当然与えられるべき休暇を取れることを願っているよ。今季はサーキットで働くメンバーと、ファクトリーで仕事をする人たちのチーム全員が、本当にすごい仕事をしてきた。しばらくエネルギーを蓄えて、この週末に失ったものを取り戻す準備を整えた上で、後半戦に臨みたい。
    ニュース設定