スズキ、ストリートバイクの大型二輪車『新型GSX-S1000』を8月4日から国内で発売

0

2021年08月04日 22:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スズキGSX-S1000(トリトンブルーメタリック)
スズキGSX-S1000(トリトンブルーメタリック)
 スズキは7月21日、全面改良したストリートバイクの大型二輪車『GSX-S1000』を8月4日より国内で発売すると発表した。

 GSX-S1000は、スーパースポーツバイクGSX-R1000のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめる大型バイクで、2015年に初代モデルが発売された。

 今回発売される2代目モデルは、扱いやすさと、スポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブかつ前衛的なデザインが採用。最高出力が向上した998cc水冷4気筒直列エンジンを搭載しており、最高出力は150ps/11,000rpm、最大トルク105Nm/9,250rpmを発揮する。

 新型GSX-S1000では、電子制御システム『S.I.R.S(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)』が新たに搭載され、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立。出力特性を3つのモードから選択できるSDMS(スズキ・ドライブ・モード・セレクター)や5段階から選択できるトラクションコントロールシステム、クイックシフトシステムなども採用された。

 また、スズキ二輪車に初採用となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを、縦型2灯式に配列した斬新なデザインが特徴になる。

 カラーリングは『トリトンブルーメタリック』、『グラスマットメカニカルグレー』、『グラススパークルブラック』の3色。メーカー希望小売価格(消費税10%込み)は143万円となる。

 欧州を中心に6月より販売が開始されているが、国内では年間目標発売台数は600台で8月4日から発売される。
    ニュース設定