ファイザーのワクチンに白い浮遊物 神奈川・相模原と鎌倉で発見続く

440

2021年09月14日 19:33  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真相模原市役所
相模原市役所

 新型コロナウイルスのワクチンの接種で、神奈川県相模原市は14日、集団接種会場と医療機関で11〜14日に、米国のファイザー製のワクチン3瓶(18人分)で白い浮遊物が見つかったと発表した。いずれも同じロット番号だという。鎌倉市も13日、ファイザー製の1瓶で白い浮遊物が見つかったと発表しており、ロット番号も同じだという。


 両市とも、浮遊物が見つかった瓶の接種はやめ、ファイザー社に分析を依頼する。同じロットの他の瓶は浮遊物がないことを確認したうえで、接種を続けるという。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 製造の過程で入ったか、保管の問題か、成分の問題かわからない。わからないと怖い。問題ない、だけではやはり怖いと思う。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 異物を取り出して検査すれば何かわからるのにあえて検査しない国の偉い人達。やはり、秘密にしたい成分があるのだろうな。
    • イイネ!164
    • コメント 13件

つぶやき一覧へ(245件)

ニュース設定