渡辺一馬がポール「自信を持って走り出せた。最後に優勝して王者になりたい」/全日本ロード第7戦オートポリス ST1000予選

0

2021年09月18日 18:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス ST1000 予選
渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第7戦オートポリス ST1000 予選
 9月18日、2021年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第7戦 スーパーバイクレース in 九州のST1000クラス予選が大分県のオートポリスで行われ、渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)がトップタイムをマークした。

 金曜日午後は台風接近の影響で大雨と強風に見舞われた。午前中のみ走行が可能だったが、走行時間が足りないままウイークに突入した。

 土曜日は、台風は過ぎ去ったものの朝から小雨がぱらついたり日が差したりと難しい天候。午後にスケジュールされたST1000クラス予選スタート時は、雨は降っていないものの青空のところどころに怪しげな雲が浮かんでいた。

 ドライコンディションで始まったセッション。開始5分ほどで1分51秒902と真っ先に1分51秒台にタイムを入れたのは渡辺。スポット参戦の岩戸亮介(Vamos Racing KAWASAKI#64 ARRC)も1分51秒958と渡辺に続く。

 渡辺は1分51秒077と岩戸を突き放す。今度は岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51 YAMAHA)が1分51秒485と2番手に浮上して渡辺を追いかける。

 残り12分。作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)も1分51秒台に突入して3番手浮上。

 その後は大きな動きもなく予選セッションが終了。渡辺がポールポジション。岡本、作本がフロントロウを獲得。前戦の岡山ラウンドでの表彰台獲得の3人がフロントロウとなった。

■渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)/ポール会見
「朝から天候が不安定だったので不安もありました。でも昨日も先月の事前テストでもドライコンディションでのフィーリングよかったですし、今日の予選は晴れてドライでスタートできたので、自信を持って走り出すことができました」

「レコードタイムに届かなかったことは残念ですが、フィーリングもアベレージタイムもいいですし、チームのおかげで気持ちよく楽しく走れています。ポールポジションは重要ですし、レースに向けての仕上がりもいいです」

「タイトル争いの意識は当然あります。すごく意識してレースに臨んでいます。多少緊張はありますが、緊張しないレースはありませんし、勝って年間最多勝を獲りたいという気持ちもあります。最後に優勝して気持ちよくチャンピオンになりたいです」
    ニュース設定