ELMS、全6戦の2022年カレンダー発表。イモラとハンガロリンクが復活

0

2021年09月20日 15:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年、ELMSの開幕戦となる南仏のポールリカール
2022年、ELMSの開幕戦となる南仏のポールリカール
 ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズは9月17日、2022年のレースカレンダーを発表した。イベント数は今年と同じく年間6戦が維持されるが、ふたつのサーキットが名前を消すとともにイタリアのイモラ、ハンガリーのハンガロリンクがカレンダー入りしている。

 イモラでは2016年以来、そしてハンガロリンクは2013年以来9年ぶりのELMS開催となる。2021年の開催カレンダーに含まれているイタリアのモンツァ、そしてオーストリアのレッドブルリンクは、2022年のカレンダーからは漏れている。レッドブルリンクは2021年、ELMSのカレンダーに復帰したばかりだった。

 2022年シーズンはオフィシャルテストの後、4月にフランスのル・カステレに位置するポールリカールで開幕を迎える。その後、第2戦がイモラでの開催となる。

 6月に予定されるル・マン24時間レースへと参戦するチームのためのブレイクを挟み、7月にシリーズはハンガリーへと向かう。

 その後は8月下旬にスペインのバルセロナ、9月下旬にはベルギーのスパ・フランコルシャンでレースが開催され、最終戦は10月16日、ポルトガルのポルティマオで行われる。

 なお、レース距離(時間)はすべて4時間が予定されている。

「この大陸のトップシリーズであるELMSは、2022年、素晴らしいシーズンを迎える」とACOのピエール・フィヨン会長はコメントしている。

「選ばれた6つのトラックは、世界でもっとも権威のあるものであり、それぞれがチームとドライバーに対してユニークなチャレンジを与え、またヨーロッパのサーキットが持つ最高の施設を提供するだろう」

「イモラとハンガロリングの復帰は、ドライバー、ファン、そして耐久レース界にとっての2022年シーズンをさらに興味深いものにするだろう」

 なお、直近の開催となる2013年のハンガロリンク3時間レースではアルピーヌA450・ニッサンを駆るネルソン・パンチアティシ/ピエール・ラゲ組が勝利を飾っている。また、イモラで最後に開催された2016年の4時間レースでは、TDSレーシングのオレカ05・ニッサンでマティアス・ベシエ/平川亮/ピエール・ティリエが優勝した。

 ル・マン・エンデュランス・マネージメントのCEOを務めるフレデリック・ルキアンは次のように述べている。

「6つの世界レベルのトラックで、コンペティターたちは彼らの能力を披露し、それがELMSを素晴らしいシリーズにすることだろう」

「ポピュラーな6戦の4時間レースというフォーマットは維持されているため、コストを厳密に管理し、コンペティターたちは可能な限りベストな競争をすることができる」

 なお、LMP3およびGT3カーが参戦する『ミシュラン・ル・マン・カップ』が、バルセロナを除くすべてのイベントでELMSのサポートレースとなる。
■2022 ELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズ 暫定カレンダー(21年9月17日発表)
Rd.DateEvent(Circuit)Test4月11〜12日ポールリカール14月17日ル・カステレ(ポールリカール)4時間25月15日イモラ4時間37月3日ハンガロリンク4時間48月28日バルセロナ4時間59月25日スパ・フランコルシャン4時間610月16日ポルティマオ4時間

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定