デヴィ夫人の“同居人” 口笛奏者の加藤万里奈、大学卒業&歌手デビューを報告

41

2021年09月21日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真デヴィ夫人宅の同居人、加藤万里奈(左)が亜細亜大学を卒業
デヴィ夫人宅の同居人、加藤万里奈(左)が亜細亜大学を卒業
 世界口笛大会で優勝実績をもつ口笛演奏者の加藤万里奈が、在学していた亜細亜大学の都市創造学部を20日に卒業し、10月20日に「名前の無い駅」で歌手デビューすることが発表された。加藤といえば、デヴィ夫人の“同居人”としても知られ、この日、一緒に住まわせてくれた感謝の気持ちを込め、羽織袴姿で夫人宅へと向かい卒業報告をした。

【写真】亜細亜大学を卒業 学位記を手にする加藤万里奈

 加藤はもともと、水戸市から都内まで3時間半かけて通学していたが、それを聞いたデヴィ夫人から「それならうちから通えば良い」とお誘いがあり、同居することに。めでたく卒業した加藤は夫人宅にて2人でランチをした後、デヴィ夫人より花束と金一封を頂き、加藤はデヴィ夫人にメッセージカードと御礼の花束を渡し、夫人宅の前で記念撮影した。加藤はここでデヴィ夫人に歌手デビューも報告した。加藤はデヴィ夫人のことを第二の母と慕い、デヴィ夫人は加藤万里奈のことを孫のようにかわいがり、血縁関係年の差60歳もあるこの関係は今後も続いていく。

 加藤は「これまでデヴィ夫人含め沢山の方々支えて頂き本日無事に4年間の大学生活を終える事ができ大変嬉しく感謝御礼申し上げます。有難う御座います。この度口笛の童謡アルバム、そして歌でデビューさせて頂ける機会をいただきました。歌では初の挑戦です! 沢山の皆様に聴いていただける音楽を世界中にお届けできるよう励んで参りますのでどうぞ皆様応援宜しくお願い申し上げます」と将来へ意気込み。

 デヴィ夫人は「おめでとう! 卒業論文書くときに大変苦しんでる姿を目の当たりにしてました。絶望的な顔をして一生懸命やっていたのをみていましたから卒業できてよかったわ。一緒に住むようになって、朝起こしたり 、朝ご飯を作ったり自分の娘にしてあげなかったようなことをしてあげました。これまでは学生と兼務でしたけど、これからは口笛奏者として世界的に有名になってほしい。歌に挑戦するとのことですが、一度聴いたら覚えてしまうほどの才能があるのでこれからが楽しみです」と送り出した。

このニュースに関するつぶやき

  • あんな素敵なレディと一緒に暮らせるって一生の思い出になるよね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 良くない意味で使われがちだけど、パトロンって、こういう支援の仕方なんだと思う   私にも多くいたパトロンのおじさまおばさま方、今度は私が支援できる立場になりたい
    • イイネ!73
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(24件)

ニュース設定