ポルシェ、モータースポーツ部門トップ交代へ。10年率いたエンツィンガーに代わる新任は“電動畑”から昇格

0

2021年09月21日 12:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年9月限りでポルシェのモータースポーツ部門の総責任者の地位を退くこととなったフリッツ・エンツィンガー
2021年9月限りでポルシェのモータースポーツ部門の総責任者の地位を退くこととなったフリッツ・エンツィンガー
 ポルシェは9月15日、ポルシェモータースポーツのバイス・プレジデントを務めるフリッツ・エンツィンガーが9月末でその役割から退き、後任に同社のエレクトリック・レーシング・パワートレーン・ディレクターのトーマス・ローデンバッハが就くと発表した。エンツィンガーは9月限りで、ポルシェのすべてのモータースポーツ活動の責任者の地位から退くことになる。

 65歳のエンツィンガーは2011年にポルシェに加わり、LMP1ワークス時代にはWEC世界耐久選手権、ならびに3度ル・マン24時間レースを制すなど、数々の成功を収めてきた。

 彼の在職期間にはまた、WECのGTEカテゴリー、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTLMカテゴリーにおいてもタイトルを獲得、さらにファクトリー・フォーミュラEプログラムも立ち上げられ、2019年から参戦を開始している。

「過去10年間に大きな成功を収めたフリッツ・エンツィンガーには、感謝してもしきれない。彼はポルシェモータースポーツのひとつの時代を作り上げ、我々を素晴らしい栄光とタイトルに導いてくれた」と語るのは、ポルシェAGの研究開発理事会メンバーであるマイケル・シュタイナー。

「モータースポーツは、ポルシェの企業戦略において非常に特別な役割を果たしてきた。我々は常に、最新テクノロジーのテストラボとしてレーシング・プラットフォームを用いてきた。トーマス・ローデンバッハは、この道筋を成功裡に続けていくために必要なすべてを備えている」

「我々は未来のモータースポーツと、それを積極的に形作ることを楽しみにしている。IAAモビリティで発表した『ミッションRコンセプト』は、これから起こることのエキサイティングなプレビューである」

 退任するエンツィンガーは「誇りと感謝を込めて」ポルシェのモータースポーツプログラムを指揮した10年間を振り返った。

「それは、信じられないほど激動の時間だった」とエンツィンガー。

「LMP1プログラムの開発、ル・マンでのハットトリック、919ハイブリッドでの世界選手権タイトル、911 RSRでのタイトル獲得、フォーミュラEへの参入、2023年以降のLMDh参入への準備、これらにはすべて我々の不屈の精神と集中力が必要だった」

「これらの成功は、優れたチームワークの結果である。コクピットで、レーストラックで、あるいは(開発拠点の)バイザッハ、フラハト、ツフェンハウゼンで力を捧げてくれたすべての人々に、敬意と感謝の意を表したい」

「また、ニュルブルクリンクとスパ・フランコルシャンでの24時間レースにおいて総合優勝を収めてくれた、強力なポルシェ・カスタマーチームにも感謝している」

「モータースポーツは、自動車業界全体と同様に変化のときを迎えている。トーマス・ローデンバッハは、その経験と専門知識により、ポルシェモータースポーツをこの未来へと導くのに適した人物だ」

■「20回目のル・マン制覇を断固として目指す」と新任のローデンバッハ
 53歳のローデンバッハは以前、ポルシェのパワートレーン部門の責任者を務めていた。その7年間のなかで、彼は911 RSR(LMGTE)、911 GT3 R、918スパイダー、およびRSスパイダーLMP2を含む、いくつかのレーシングカーおよびロードカー用のエンジン開発を監督してきた。

 ローデンバッハは2013年初頭にポルシェを離れ、同じフォルクスワーゲングループ内のアウディに移籍。そこで彼は、スポーツカーセクションにおいてエレクトリック・テクノロジー部門の責任者を務めた。

 そして昨年、エレクトリック・モータースポーツ・パワートレーンのディレクターとしてポルシェに戻り、10月1日付でバイス・プレジデントに昇進を果たす。

「自分に寄せられた信頼に胸を膨らませているし、今後の仕事にエキサイトしている」とローデンバッハは述べている。

「大きな目標は、フリッツ・エンツィンガーの指揮の下で達成された偉大な成功をベースに、積み上げていくことだ」

「これは素晴らしいチャレンジだ。世界中で展開するカスタマーレーシングからファクトリーで参戦するプログラムまでを含め、我々は変化する自動車業界の状況に、モータースポーツを適合させていく」

「ル・マンにおける20回目の勝利を得ることを、我々は断固として目指している。耐久レース、そしてフォーミュラEの双方で、世界選手権を勝ち取りたいと思う」

「カスタマーレーシングへの関与を継続することも重要だ。『ミッションR』のコンセプトスタディにより、我々はそれがいかに魅力的であるかを示している」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定