「“センスがある”ってこういうことなんだと…」GRANRODEO・KISHOWが衝撃を受けたアーティストとは?

0

2021年09月21日 19:10  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真「“センスがある”ってこういうことなんだと…」GRANRODEO・KISHOWが衝撃を受けたアーティストとは?
「“センスがある”ってこういうことなんだと…」GRANRODEO・KISHOWが衝撃を受けたアーティストとは?
結成15周年を迎えたロックユニット“GRANRODEO”のボーカル・KISHOW(谷山紀章)とギタリスト・e-ZUKA(飯塚昌明)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて」。9月14日(火)の放送は、「ハートに火がつく、プレイリスト!」をお届け。今回は「秋の匂い」を感じる邦楽&洋楽をGRANRODEOがセレクトしました。


(左から)KISHOW、e-ZUKA



この日は2週に一度お届けしている選曲コーナー「ハートに火がつく、プレイリスト!」第36弾をお届け。「季節を感じる楽曲はたくさんある」と言う2人が、今回は“秋の匂い”をテーマに選曲しました。

【KISHOWが“秋の匂い”を感じる1曲:「赤橙」(ACIDMAN)】

KISHOW:(秋と言えば)9月・Septemberですよね。僕はアース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」が大好きで、“嫌いな人はいないよね”っていうぐらい素晴らしい曲じゃないですか。

e-ZUKA:はい。

KISHOW:聴くと切なさもあるけど“あぁ、秋か”っていう感じもする。だけど、(選曲するのは)やっぱり邦楽からかな。それこそ、山口百恵さんでいうと「秋桜」とか。ただ、前回(の同コーナーで)、e-ZUKAさんが「イミテーション・ゴールド」をかましてくれたので、なので違う方向で……今回はACIDMANのメジャーデビュー曲をセレクトします。(曲を聴いたときに)“なんていい曲なんだ”って思ったのを、すごく鮮烈に覚えています。聴いていただきましょう。

――ここで、「赤橙」(ACIDMAN)をオンエア。

e-ZUKA:いい曲ですね〜。

KISHOW:僕は音楽のことはよく分からないけど(笑)、“センスがある”ってこういうことなんだと思った。

e-ZUKA:声もいいですよ。

KISHOW:そうなんだよね。(ACIDMANは)フェスにすごく出ているイメージがあって、僕はフェスとかにはあまり行かないけど、もしACIDMANが出てきてこの曲を歌ってくれたらうれしいだろうなって考えたり。「うわっ、赤橙だ! 待ってましたー! いよっ!」みたいな……そういう(テンションになる)曲じゃないんだけど(笑)。

e-ZUKA:ハハハハ(笑)。

KISHOW:歌詞を見ても明確に秋のことを歌っているかは分からないけど、この曲を聴いて“秋を感じる”というのが重要なんだよね。曲と歌詞のバランスがとてもオシャレで、風景をそれぞれに思い描かせるというか。本当に“趣味がいいな”と思いますね、素晴らしい。

【e-ZUKAが“秋の匂い”を感じる1曲:「I Want to Be Your Man」(ロジャー)】

e-ZUKA:昔いたザップというファンクバンドは知ってる?

KISHOW:ゼット・エー・ピー?

e-ZUKA:ゼット・エー・ピー・ピー(Zapp)。そのボーカルにロジャー・トラウトマンという方がいて、もう亡くなっちゃったんですけど、そのロジャーがすごい好きだったことを思い出して、最近よく聴いているんですよ。

KISHOW:あ、そうなんだ。

e-ZUKA:それで、どうにかしてこのテーマにぶち込めないかと思って(笑)。

KISHOW:ハハハハ(笑)。

e-ZUKA:そうしたら、(テーマにあった)曲があったので選曲しました。

KISHOW:なるほど。

e-ZUKA:ザップもかっこよかったんですけど、今回はロジャーの(ソロでリリースした)楽曲を。ロジャーって、トーク・ボックス(※)っていう……あなた(の好きなアーティスト)だとダフト・パンクの曲にもトーク・ボックスが出てくるんですけど、あれの名手です。ロジャーが先(にやっていた)。
※トーク・ボックス……シンセサイザー等の楽器の音を、専用のスピーカーからビニールチューブなどを通して口のなかで共鳴させ、さらにマイクで音を拾うエフェクターの一種。

KISHOW:そうなんですか。

e-ZUKA:その前にはピーター・フランプトンにもトーク・ボックスを使った曲がありますが、あれをすごいファンキーにやったのがロジャーなんですよ。

KISHOW:そうですか。

e-ZUKA:そのファンクな楽曲も聴いて欲しいんですけど、ただ今回は“秋”というテーマなので。

KISHOW:(秋に合う曲が)あるんですね?

e-ZUKA:あるんですよ。「I Want to Be Your Man」というバラードなんですけど、これがメロウでいい曲なんです。また、うっすら聴こえるギターがかっこいいんです。

――ここで、「I Want to Be Your Man」(ロジャー)をオンエア。

e-ZUKA:こういうサウンドも懐かしいでしょ?

KISHOW:AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)的な。(発売は)80年代だよね?

e-ZUKA:そうですね。ギターにもファンクを感じるんですよね。他にもすごいファンキーな曲とかもあって。ロジャーってマルチプレイヤーなんですよ。

KISHOW:俺、聴きますわ。ザップも。

e-ZUKA:ライブ映像も観ると、すごいエンターテインメントでかっこいいですよ。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年9月22日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:GRANRODEOのまだまだハートに火をつけて
パーソナリティ:GRANRODEO(KISHOW、e-ZUKA)
放送日時:火曜21:00〜21:30
番組Webサイト:http://mv-sp.gsj.bz/view.page/menu/program/gr/mada2/top
動画・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定