カン・ハヌル×チョン・ウヒ共演のラブストーリー『雨とあなたの物語』12月公開

0

2021年09月22日 06:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『雨とあなたの物語』 (C)2021 KIDARI ENT, INC., SONY PICTURES ENTERTAINMENT KOREA INC. (BRANCH), AZIT FILM CORP., AZIT PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED
『雨とあなたの物語』 (C)2021 KIDARI ENT, INC., SONY PICTURES ENTERTAINMENT KOREA INC. (BRANCH), AZIT FILM CORP., AZIT PICTURES CORP. ALL RIGHTS RESERVED
『ミッドナイト・ランナー』「椿の花咲く頃」で注目のカン・ハヌルと、『哭声/コクソン』『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』などで圧倒的演技力を誇るチョン・ウヒが共演、韓国で興行収入初登場第1位を記録した映画『雨とあなたの物語』が、12月17日(金)より日本公開されることが決定した。

物語の舞台は、スマートフォンもSNSもなく、携帯電話が普及し始めたばかりの2003年・韓国。浪人生のヨンホ(カン・ハヌル)が送った手紙を古書店で働くソヒ(チョン・ウヒ)が受け取ったことから、ふたりを取り巻く日常が彩り始める、青春時代のきらめきを丁寧に映し出したラブストーリー。それぞれの時間を過ごしながらも、待ち望んだ手紙を嬉しそうに読む主人公2人の姿は大切な人からの連絡を心待ちした過去を想起させ、時を経ても記憶に残る普遍的で愛おしい日々の様子が切り取られた。

主人公のうだつのあがらない浪人生・ヨンホ役には、4年振りのスクリーン復帰作となる俳優カン・ハヌル。日本でもリメイクされ話題を呼んだ映画『ミッドナイト・ランナー』(2017)で「梨泰院クラス」パク・ソジュンとW主演。韓国の“ゴールデン・グローブ賞”と謳われる第56回百想芸術大賞でTV部門の最高賞・大賞を受賞した「椿の花咲く頃」でも絶賛され、演じた役柄の“ファン・ヨンシク”シンドロームを巻き起こし、日本でもNetflixで独占配信され TOP10にランキング入り。韓国で800万人以上を動員の大ヒット作『パイレーツ(海賊)』(2014)の続編『パイレーツ2』の主演が決まっている。

病床の姉を支えながら母とともに古書店を営むソヒ役には、映画『サニー 永遠の仲間たち』(2011)の強烈な印象で注目を集めたチョン・ウヒ。初の単独主演映画『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』(2014)で青龍映画祭をはじめとする7つの映画祭で主演女優賞と新人賞を総なめにし、その圧倒的な演技力で、 その後も『明日へ』『ビューティー・インサイド』『哭声/コクソン』『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』『めまい 窓越しの想い』など注目作への出演が続いている。

さらに、ヨンホの予備校の友人・スジン役は「ミセン-未生-」でカン・ハヌルと、『サニー 永遠の仲間たち』でチョン・ウヒとの共演経験を持つカン・ソラ。監督は、デビュー作『怪しい顧客たち』で一躍脚光を浴びたチョ・ジンモ。彼自身「疑う余地のない、奇跡のようなキャスティング」と話すほどの共演が実現した。

今回、日本公開に先駆けて日本版ティザーポスターが解禁。邦題『雨とあなたの物語』とともにソウルで手紙の返事を待つヨンホ(カン・ハヌル)と釜山で過ごすソヒ(チョン・ウヒ)の姿が映しだされた。本作が手紙を通じて”待つこと”をビジュアルで表現したポスターとなっている。

ストーリー

「12月31日。僕は今、雨を待っている。降る可能性がかなり低い雨を」2003年、ソウル。明確な夢も目標もなく、退屈な浪人生活を続けていたヨンホ(カン・ハヌル)は、長い間大切にしてきた記憶の中の友人を思い返し、あてもなく手紙を出す。一方、釜山では、自分の夢を見つけられないまま、母親と一緒に古い本屋を営むソヒ(チョン・ウヒ)が、ヨンホから姉のソヨンに届いた手紙を受け取る。

「いくつかルールを守ってほしい。質問しない、会いたいと言わない、そして会いに来ない」ソヒは病気の姉に代わって返事を書き、2人は手紙を繋いでゆく。偶然始まった手紙のやりとりが、モノクロだった2人の日常を鮮やかに彩り始め、ヨンホは12月31日に雨が降ったら会おうという可能性の低い提案をするのだったーー。

『雨とあなたの物語』は12月17日(金)シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。



(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定