秦 基博×長澤知之が振り返る「ジェットコースター」の思い出。オーガスタキャンプの前に…

0

2021年09月24日 19:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
9月25日(土)にオンライン配信で開催される、「Augusta Camp 2021」(オーガスタキャンプ)。その歴史と魅力に迫る特別番組『J-WAVE SPECIAL iichiko AUGUSTA CAMP 2021 LET’S GET STARTED』がJ-WAVEで9月23日(木・祝)にオンエアされた。

オーガスタキャンプの思い出をテーマに、ナビゲーターを務める秦 基博が舵を取り、ここでしか聞けないトークを披露。

番組は動画でも配信しており、番組公式サイトで9月30日(木)23:59まで視聴可能。また、いいちこ下町のハイボール、24本入り1ケースを6名様にプレゼントする企画も実施中だ。

2021年9月30日(木)23:59まで視聴可能

・『J-WAVE SPECIAL iichiko AUGUSTA CAMP 2021 LET’S GET STARTED』公式ページ
https://www.j-wave.co.jp/holiday/20210923_19/

【スキマスイッチ×秦 基博のパート】緊張のあまり「二番を歌わずに…」 オーガスタキャンプ初出演を振り返る

人間的なアルバム「LIVING PRAISE」が完成!

今年でデビュー15周年を迎えた秦と長澤。そんなふたりはここ最近密に連絡を取り合っていると明かし、長澤がリリースしたアルバムについて話を聞いた。

秦:最近はオーガスタキャンプのリハーサルだったりとか、ふたりで企んでいることの打ち合わせだったりとか、いろいろと連絡を密に取りながら。「こんな風に長澤くんはメールを書くんだな」とか、お互いの癖みたいなことを発見したりして、最近やっておりますけども。そんな中で長澤くんはアルバムをリリースしたということで。
長澤:自分の3枚目のアルバムなんですけど、8月4日に『LIVING PRAISE』というタイトルのアルバムをリリースさせていただきやした!
秦:どんな一枚なんですか。てか、どんな一枚なんですかって聞かれても困るよね?
長澤:そうだよね(笑)。普通は、起承転結とかいろいろコンセプトだったりを考えるじゃん。だけどこれはどっちかというと人間的というか、最初と最後がキラッと光って、あとはぐちゃぐちゃしてるというか。矛盾もあるしダメな部分もめっちゃある、そんなアルバムです。
秦:期間的にはどのくらいかけて作ったの?
長澤:期間的には、できたものを配信してという感じで作っていたので、1年くらいのわりと長いスパンでゆっくりゆっくり作ってましたね。
秦:じゃあ、昔からのストックというより、今できた曲が入ってる感じ?
長澤:昔からのストックは1曲だけで、あとはそのときに作った感じ。

秦はこのアルバムについて、「すごく気持ちいい作品」と賛辞を送る。

秦:じゃあ、今って感じなんだね。すごくザクザクしてて気持ちいいなって。全体的なビート感も含めて。
長澤:本当に?! すげえ嬉しい!
秦:気持ちいいなって思って聞かせてもらいましたけど。
長澤:光栄です!

緊張しすぎて体調を崩したオーガスタキャンプデビュー

ふたりはオーガスタキャンプ(略称・オーキャン)に初めて出演したことを回顧し始める。

秦:僕らはデビュー15周年ということで、デビューは一緒なんだけど、オーキャンデビューは長澤くんの方が1年早かったんだよね?
長澤:そう。実験みたいな形で出たような感じですけど。
秦:実験?! 2005年のオープニングアクトとして出てるということですが。
長澤:山さん(山崎まさよし)の10周年で横浜・赤レンガでやりましたね。
秦:覚えてる? そのときのこと。
長澤:覚えてる。緊張していて、山さんと一緒にバンドを組まれてる、中村キタローさんというベーシストって方がいらっしゃるんですけど、「緊張しているんだったら、お客さんをかぼちゃと思え」というアドバイスをいただいて。
秦:いいアドバイス!
長澤:でもいかんせん、目がよかったので……。
秦:とてもかぼちゃには見えなかった(笑)。
長澤:表情がめっちゃ見えるというそんな感じでした。

秦より1年早くオーキャンデビューした長澤。トークは秦のオーキャン初舞台の話へと続く。秦も相当緊張したようだ。

秦:僕は翌年の富士急ハイランドのオーガスタキャンプでオープニングアクト。
長澤:どうだったの? なんかあんまり緊張しなかったって言ってたような気がするけど。
秦:いや、言ってないよ(笑)。
長澤:マジで?!
秦:緊張はめちゃくちゃしたよ。前日は寝れなかったし、ストレスがお腹に来ちゃって。 長澤:けっこう緊張したんだね。
秦:緊張した。そのときにたぶん長澤くんと初めて会ったか、ちゃんと話したかって感じだったと思うんだけど。
長澤:確かにその前は会ってないと思うな。

緊張している中で、秦は長澤に声をかけられたことが鮮明に記憶に残っていると話す。

秦:ふたりともオープニングアクトで、メインアクトの先輩方が大部屋でいて、どこにどういたらいいのだろうという状況の中、長澤くんが話しかけてくれて。俺はすごい覚えているんだけど、「セッションしよう!」って言ってくれたんだよね。
長澤:一緒に弾こう?って。
秦:そう! それで一緒にやって、「この曲知ってる?」「知らないな」みたいな感じで全然知ってる曲がなくて(笑)。でも最後、玉置さんの『メロディー』をやったんだよ。一緒に歌ってくれたことをすごく覚えてる。
長澤:そうだそうだ。懐かしい(笑)。

オーキャンの前日、ジェットコースターで…

秦は、長澤へ「「Augusta Camp」にはずっと出させていただいているけど、思い出深い出来事はある?」と問う。

長澤: 2006年は山梨県の富士急ハイランドでやったので、そのときにジェットコースターに乗ろうよって話したの覚えてる?
秦:乗ったよね! 前の日だったんだよ、確か。リハーサルがあって、わりと暇だったから行ったね!
長澤:速いジェットコースターがあってね。でも秦くん苦手なんだよね?
秦:三半規管が若干弱めなのでね……。
長澤:それを知ってか知らずか、「乗ろうよ!乗ろうよ!」って誘ったんだよね。でもよく考えたらウザい人だよね。「セッションしよう」とかもさ?
秦:いや、嬉しかったけど。あとスキマスイッチのおふたりとかバンドメンバーの方とかみんなと行って。みんなと仲良くなりたいからついて行ったんだけど、前の日寝れなかったということもあって、身体的には弱ってて。自分は二つ目の絶叫マシーンでダウンしてひたすらベンチに横になっていて。みんなは楽しそうにどっか行っちゃったけど。
長澤:あはは。それが罪悪感としていちばん覚えてる。
秦:全然オーガスタキャンプの本筋とは関係ないけどね(笑)。

ふたりの微笑ましいエピソードを披露してくれた長澤。一方で秦の思い出は2016年自身でプロデュースしたオーガスタキャンプ。デビュー10周年を迎えるタイミングで、長澤とともに作り上げたという。

秦:俺は、2016年自分がプロデュースさせてもらったオーガスタキャンプで、僕らがデビュー10周年というタイミングだったので、いろいろ長澤くんにも手伝ってもらいながら、プロデュースして、ふたりで歌ったり、長澤くんの曲を一緒にやったりとかしたのも印象的だったなって。そのときのことは覚えてます?
長澤:なんか、僕がそのときに痛感したのは、秦くんよりはるかに語彙力がないなというか。MCで話すときに完全に頼りっきりだから、今年も頼りっきりになろうかなって思ってます。すみません!
秦:えっ! 今もですか?!
長澤:今もですよ?
秦:あはは。いやあ、今年はいっぱい喋ってもらおうと思ってますよ! 2016年は確か長澤くんのデビュー曲をアンコールでやったと思うんですけど。
長澤:そうですね。
秦:自分がプロデュースさせてもらう中で、1曲目は僕のデビュー曲「シンクロ」で始めたんですよ。長澤くんのデビュー曲もいいところに置きたいなって思ってて、アンコールの1曲目でふたりでやったらいいかなってイメージであって、歌わせてもらったんですよね!
長澤:そうだったんだ!

オーガスタキャンプに向けて新曲を制作したふたり

今年でデビュー15周年を迎える、ふたりは今回、共同制作として新曲を作り上げた。「密に連絡を取っていた理由はこれなんです!」と秦が告白する。ここからは制作秘話について語っていく。

秦:今回、僕らふたりでオーガスタキャンプに向けての新曲を作ってやっちゃおうということで。その打ち合わせで密に連絡を取ってる。新曲を作ったらどうかと言ってくれたのは長澤くんだったけど。
長澤:そう。けっこう打ち合わせする前にそれまでのオーガスタキャンプの歴史を見ていたんです。山さんもそうだし、スキマさんもそうだけど、プロデュースされていたり、カバーしていたりとかやり尽くされているかもなって思ったんだよね。だから全然違う形で、俺はセッションするのが好きだから、それもあって秦くんと一緒に曲が作れたら面白そうだなって。そういう頑張りが一緒にできたらいいなって。
秦:実際ふたりで会ってガッと作るよりは、お互いが思いついたものを断片的に送り合って、それに対してメロディーを作ったりという感じで。長澤くんが先に考えてくれてね?
長澤:それで、一回却下されて!
秦:えっ、却下した?
長澤:却下というか、なんか、どういうやりとりしたかな?
秦:けっこうしたよね? それで何パターンか出してくれて。
長澤:そうだ! リズムパターンを。
秦:そうそう、もう少し違う感じがいいかもって言ったら違うモチーフを送ってくれて。じゃあ、これに僕がBメロを作ったりとか。
長澤:そんな感じでキャッチボールみたいなやりとりをしようって言ってて。そういう感じで面白かったけどね。

キャッチボールのようなやり取りで、作られたという新曲。ここではタイトルも発表された。

秦:秦:まあ、詳しいところはオーガスタキャンプで話せたらと思いますけど、そんなやりとりをしながら作った新曲というのが、『Cherish』という曲です。
長澤:計画を話している段階で楽しい曲にしたいねって。こういう状況だから楽しんでもらえるものにしたいねということはハモってて、明るいポップな曲にしようってことになりましたよね。
秦:今回は配信で開催になりましたけど、ここでこんな風に手拍子をするのかなってわかると思うので、おうちでね、手拍子をしながら、新曲も含めてふたりのパートを楽しんでいただけたらなと思っております!

オーガスタキャンプは配信チケットを発売中。詳細は公式サイトまで。

・「Augusta Camp 2021」公式サイト
https://www.office-augusta.com/ac2021/

(構成:笹谷淳介)

番組情報

J-WAVE SPECIAL iichiko AUGUSTA CAMP 2021 LET’S GET STARTED


2021年9月23日(木・祝)
19:00-20:00




秦 基博



オフィシャルサイト

    ニュース設定