ルクレール、アップグレード版パワーユニットで初走行「順調な一日。改善を感じる」フェラーリ/F1第15戦金曜

0

2021年09月25日 16:00  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第15戦ロシアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第15戦ロシアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
 2021年F1ロシアGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=4番手/2=10番手、カルロス・サインツはフリー走行1=7番手/2=7番手という結果だった。

 金曜午前、FIAからルクレール車に新たなパワーユニットエレメントが投入されたことが発表された(4基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H、3基目のMGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、6基目のエキゾーストシステム)。このうちMGU-Kとエキゾーストシステム以外は、シーズン中に使用できる数を越えているため、ルクレールにはグリッド後方からのスタートのペナルティが科された。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール
フリー走行1=4番手(1分35秒117:ソフトタイヤ/22周)/2=10番手(1分34秒925:ソフトタイヤ/24周)

 今日は2台で異なるプログラムを担当した。僕は日曜日はグリッド後方からのスタートになるので、予選ペースよりもレースシミュレーションに集中して取り組んだ。

 一日のなかで路面が大きく向上し、午前中はとても滑りやすい状態だったが、走行するたびに改善していった。グレイニングが問題にならなかったのはよかったよ。ドライビングに関しては、最終セクターが走っていて一番楽しめた。

(新仕様パワーユニットの導入について語り)とてもうまくいった。ポジティブな一日だったよ。メカニックたちをはじめ、全員にとって大きな変化で、新しいマシンになったようなものだ。それでもすべてが予想どおりに進んだ。
(新しいパワーユニットは)少し良くなったと感じる。それは素晴らしいことだよね。もちろんデータでも確認できている。


■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
カルロス・サインツ
フリー走行1=7番手(1分35秒811:ソフトタイヤ/25周)/2=7番手(1分34秒678:ソフトタイヤ/22周)

 全体的にポジティブな金曜日だった。走り始めからバランスがまずまずだった。僕らのマシンはこの種のコースでは多少パフォーマンスが向上する。

 フロントタイヤにグレイニングが見られたので、ロングランに関してはまだやるべき作業が山積みだ。

 明日は雨になると予想されていて、そうなると状況があっという間に変わってしまうかもしれない。それにうまく対処する方法を見つけていきたい。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定