水際措置緩和、自宅待機を10日間に短縮 自主検査で

2

2021年09月27日 20:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

加藤勝信官房長官は、9月27日午後に開いた会見で、新型コロナウイルスの水際措置を緩和することを明らかにした。

10月1日から、有効なワクチン接種証明書を保持して入国・帰国する人を対象に、入国後10日目以降に自主的に受けた検査で陰性だった場合、14日間の待機のうち残り期間の待機を求めない。また、検疫所指定の宿泊施設での3日間待機の指定国・地域から入国する場合、宿泊施設の待機も求めない。

厚生労働省の発表によると、入国・帰国時に検疫で有効なワクチン接種証明書の写しを提出する必要がある。待機期間短縮には、入国後10日目以降に自主検査を受け、厚生労働省の入国者健康確認センターに結果を届け出ることが条件となる。

検疫所が確保する宿泊施設で6日もしくは10日間の待機対象国・地域からの入国・帰国者はこの措置の対象外となる。9月27日時点では、アルゼンチン、コスタリカ、コロンビア、スリナム、トリニダード・トバゴ、フィリピン、ブラジル、ベネズエラ、ペルーが、宿泊施設での6日間の待機対象国・地域に指定されている。

このニュースに関するつぶやき

  • 【なぜ保健所は機能不全に陥った?】PCR検査の目詰まりの元凶〜「行政改革」による人員削減、国の費用負担廃止〜 https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1980314783&owner_id=67611045
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定