Snow Man 深澤辰哉『anan』初ソロ表紙 スーツを着崩し、無防備な姿も……

0

2021年09月29日 00:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真Snow Man深澤『anan』初ソロ表紙
Snow Man深澤『anan』初ソロ表紙

 Snow Manの深澤辰哉が表紙に登場した『anan』2268号(「会話のチカラ」 特集)が、9月29日にマガジンハウスより発売された。深澤がソロで表紙を飾るのは初となる。


 待望の1st アルバム『Snow Mania S1』をリリースしたSnow Man。グループ最年長にして、みんなのまとめ役である深澤辰哉。MCを務めてメンバーの個性を引き出し、バラエティ番組でもひっぱりだこ。会話で優しく相手をリードしつつ、ある時は受け止め、ある時は切り込み、ある時は誰よりも面白くはじける……、初のソロ表紙では、そんな深澤の多面体の魅力を、艶やかなスーツ姿で表現した。


 グラビアは、深澤が講師として読者を導くトークセッションをイメージ。本人の会話の魅力をインスピレーション源に、4つのテーマで表現。[Session1 攻め込む]は、表紙にもなったスマートな全身ブラックのコーディネート。ビシッと決めたオンの場からオフになるスーツを着崩した瞬間を激写。[Session2 寄り添う]では、 遊び心のあるポップなスタイルで、親しい仲間と会話中のコロコロ変わる表情を披露。[Session3 受け止める] では、白を基調にしたクリーミーな光の世界のなかで優しくカーテンと戯れ、プライベートな優しさを表現。続く[Session4 誘う] では空気感が一変。濡れ髪の無防備な姿で誘う艶姿で、大人の色気が全開。どのセッションも、“超爆イケ”を詰め合わせて掲載している。


 インタビューでは、「Snow Man にとって会話はものすごく大事なもの」と語る深澤に、Snow Manにおける会話の大切さを訊いた。オン・オフ問わずメンバー同士の会話を観察していて気が付いたことや、表紙撮影に際しメンバーからかけてもらった言葉など、微笑ましいエピソードもちらり。そして、「“会話術”一問一答」では、こんな困ったときどうする?というあるあるシチュエーションにも答えている。


 その他特集では、人間関係、仕事など、あらゆる場面で役立つ“会話力アップ術”を紹介。アナウンサーの宇賀なつみと倉田大誠、精神科医のTomyが伝授する伝え方のテクニック、横澤夏子が語る会話の極意など、会話に関する情報が詰まっている。CLOSE UPには、川島如恵留(Travis Japan/ジャニーズJr.)が登場した。


■書誌情報
『anan』2268号
特集名:「会話のチカラ」
発売日:9月29日
特別定価:680円
出版社:株式会社マガジンハウス
全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で販売
https://magazineworld.jp/anan/(*発売日前日の夕方更新予定)


(c)マガジンハウス


    ニュース設定