鈴木福、芦田愛菜と“声が変わり後”初共演 『博士ちゃん』で大谷翔平選手のヤバさの特別授業

72

2021年10月15日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』2時間スペシャルに鈴木福が出演。芦田愛菜と3年ぶりの共演にサンドウィッチマンが大興奮!? (C)テレビ朝日
『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』2時間スペシャルに鈴木福が出演。芦田愛菜と3年ぶりの共演にサンドウィッチマンが大興奮!? (C)テレビ朝日
 テレビ朝日系で16日に放送される、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』2時間スペシャルに、鈴木福(17)が「野球分析博士ちゃん」として登場。MCの芦田愛菜(17)とは『Mother』(2010年)で初共演し、『マルモのおきて』(11年)での共演で2人とも大ブレイクした。共演は3年ぶりで、鈴木は「完全に声が変わりしてから会うのは初めて」、芦田も「声が低くなっててびっくりしました」。お互い敬語を使ってしまうよそよそしさに、サンドウィッチマンは「年頃の子おもしれ〜」と身もだえるほど大興奮だった。

【写真】17歳になった福くんと愛菜ちゃん

 鈴木は「お国の行事に出られていたり、さすがだな。愛菜“さま”と呼ばないと」と、芦田に対してかなり緊張していたが、『マルモのおきて』で共演した頃の懐かしい話をしていくうちに徐々にほぐれていく。当時の芦田はかなりお転婆で、「福くんから『愛菜ちゃん走らないで』ってよく言われていた」(芦田)そう。そんな昔話をしていることを「不思議な感じですね」(芦田)とちょっとした同窓会を楽しんでいた。

 鈴木と芦田のトークをずっと聞いていたいというサンドウィッチマンをよそに、芦田は番組を進行しようとするが、思いがけない言い間違いをしてしまう珍しい一幕も。「野球分析博士ちゃん」として鈴木が授業するのは、「普段野球を見ない人にこそ知ってほしい!! “世界一の二刀流メジャーリーガー”大谷翔平選手の本当のヤバさ!」。野球離れに懸念を抱く鈴木が「大谷選手を軸に野球の面白さを知ってもらいたい」と熱い授業を展開する。

 今年、メジャーリーグで投打にわたり大活躍した大谷翔平選手の“三刀流”ともいえる一番ヤバいすごさや、味方だけでなく敵からも愛される人間性について鈴木が解説。鈴木は「オタク気質。好きになったものに対して熱中する」性分らしく、さらに中学生の時は野球部でピッチャーをしていたこともあって、そのマニアックな目のつけどころとわかりやすい解説に、芦田のみならず、サンドウィッチマンも驚きの連続だった。

 さらに、大谷選手の活躍にも欠かせないグローブについての解説ついでに、鈴木が伊達みきおと芦田にピッチングを指導。2人の投球が激変するほどの教え方のうまさにも注目だ。

 目利きクイズ「悪魔の3択」には、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に出演する内田有紀がゲスト出演する。

このニュースに関するつぶやき

  • 愛菜ちゃんの方が格上やけど久しぶりに会う福君の知らん一面見て恋心が生まれたりして(。♡‿♡。)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 二人とも立派に育って良かったね。特に愛菜ちゃんは素敵な女性になりましたww
    • イイネ!49
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(41件)

ニュース設定