ママ友からわが子を侮蔑するようなLINEが送られてきた。スルーすべき?反撃すべき?

8

2021年10月16日 06:11  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

子どもを通して仲良くなるママ友。仲良くしたいと思う一方で、嫌味を言われたり、意地悪をされたりするなど、トラブルを抱えてしまう人も少なくありません。
『昨日は子どものサッカーの試合でした。今回(わが子)はほとんど出られずに終わりました。それを録画していたママ友から「あなたの子どもは、昨日は弁当食べにきただけ?」とLINEが。スルーしているけれど、何か返した方がいいかなあ』
ママスタコミュニティのあるママは子どもをわが子と同じサッカーチームに通わせるママ友から心ないLINEが届いたそうです。今の時点では既読無視をしているようなのですが、この後どう対応したらいいのでしょうか。さっそくコミュニティのママたちのアドバイスを見ていきましょう。

既読無視は相手の思うツボ!?


『何も返さなかったら返さなかったで、「悔しがっているー」と喜びそうだから、なにか適当に返信した方がいい』
もしママ友が投稿者さんに何らかのマウントを取ろうとしてこのLINEを送ってきたのであれば、読んだ後に投稿者さんが落ち込むことを期待している可能性が高いのではないでしょうか。そうだとすると、このまま何も反応していないでいると相手の思うツボではないかと推測してくれたママがいました。ここは「気にしていない」感じをよそおって返信するのも手ではないでしょうか。そのために有効なひとつとして挙げられるのがLINEのスタンプでしょう。

ママ友のLINE、どう返信する?


相手が拍子抜けするようなスタンプを活用

『キョトンとした顔のスタンプ送るとか?』
『私なら「?」みたいと動物のスタンプを送るかな』
「言っている意味がわからない」というような雰囲気を出せるスタンプを活用してみてはどうでしょうか。メッセージを送るにも表現が難しく、自分の意思とは違って相手に伝わってしまうこともあり得ます。その点、とぼけた様子のスタンプひとつでも送れば、本心を悟られず、また角を立てずに終わらせられるかもしれません。

自分がしたことを反省させるような返事を送る

『「〇〇のお母さんがそう言っていたと子どもに言ったら泣いたよ」と返信』
事実でないとしても嘘も方便。あなたのひと言が子どもをとても傷つけたとメッセージを送り(もちろん実際には子どもに伝えることはしない)、相手の反応を見るのも一手です。自分の子どもが同じようなこと言われたらどういう気持ちになるのか、想像してくれるといいのですが。

他のママたちに共有してもいいのかも……?

『スクショをして同じチームの他のママさんたちに「どういう意味なのかな〜?」と天然をよそおって拡散してみたらどうかな?』
『スクショして友達に拡散』
『LINEを他のママ友に見せて、「どう返せばいいかわからなかったよー」と相談してみる』
他のママ友に今回の一件を共有してもいいのでは? という声も届いていました。たとえばふだんからこういうメッセージの発信を繰り返すタイプであるとか、他にもトラブルを起こしがちなママ友ならば、別の誰かに相談することで、投稿者さん自身が対処法を見つけやすくなる場合もあるでしょう。事実を共有しておくことが、万が一の時にわが身を守ることにつながる可能性もあります。ただくれぐれも相手選びには気を付けて。何かと信頼のおける相手にだけ相談するようにするのが安心です。事実を拡散してしまおうという声も挙がっていますが、結果的にそうする場合にも、一拍置いて、その後に何が起こり得るかを見極めてから判断するようにしましょう。

ふだんどおりの大人な対応が身を助ける


『反応しないのが1番だよね』
『嫌味を言ってくる人は、相手が傷付いたり腹を立てるなど反応をすると期待して言っているから、嫌味に気付いてない素振りをするのがいい。予想外の反応をされると人間は冷静になっていく。しばらく続けると、つまらないと判断してやめるもんだよ。応戦したりしたら相手を喜ばせるだけ』
過剰に反応しないことで相手の戦力を損なわせる作戦もあります。たとえば「そうなんだよね〜。せっかくトンカツを入れてあげたのに、アイツめ!」といったあんばいで、ママ友を否定せず、むしろ同調するとか。「こちらはあなたのメールなんていちいち気にしていませんよ」という雰囲気を醸し出すことで、ママ友に喝っ! あとは行間に隠れるこちらの怒りに気づいてくれることを祈りましょう。冷静にじっと嵐が通り過ぎるのを待つのも、効果的かもしれません。

そのママ友がどうなったのかというと……

『今日の練習の際、そのLINEの送り主の子が「俺のお母さんが、昨日の試合は弁当食べにきていただけと送っていたぞ」と他の保護者が談笑してる前で(試合に出なかった)子どもたちに言ったらしいのです。私は送迎のみだったのでその場にいませんでした。他の保護者たちから相当非難されたらしく、そのママ友から夜に泣きながら謝罪の電話がありました。「あぁ、もう別にいいですよ……」と流しました。「これからもよろしくお願いします」と言われたので、「はあ……」と返事をしました』
投稿者さんが何かする前に、そのママ友は自爆したもようですね。泣きながら謝罪の電話をしてきたところを見ると、そもそも悪気があったのかあるいはなかったのかも、もはやわからない状況でしょうが、投稿者さんの気持ちはすっきりしません。いずれにしても、思いやりに欠ける人ではあることは間違いなさそうですから、不信感が募るのであれば、そのママ友とはいったん距離を置いて様子を見るようにしてはいかがでしょう? チームメイトである子どもたちに影響があってはいけませんから、必要なやり取りは継続するにしても、投稿者さんの気持ちを優先していいと思いますよ。

文・こもも イラスト・カヲルーン 編集・blackcat

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • まず、たまたまお互いの子供同士が同級生なだけである赤の他人の事をママ友と呼ぶのをやめよう。親同士は連絡網を回す以上の付き合いは不要。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • アホンダラには関わらないが一番だよ。放っといてもどうせ近々身を滅ぼす。そんな奴にいちいち構ってられっか。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定