ホラー映画史上“最強の老人”再び『ドント・ブリーズ2』リリース、吹替版も収録

0

2021年10月16日 17:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ドント・ブリーズ2』(C)2021 DB2 Productions
『ドント・ブリーズ2』(C)2021 DB2 Productions
大ヒットホラー『ドント・ブリーズ』の5年ぶりの続編、ホラー映画史上“最強の老人”との呼び声高い盲目の老人を主人公にした『ドント・ブリーズ2』が、10月27日(水)よりデジタル先行配信、11月24日(水)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始。豪華声優陣による日本語吹替版も収録され、その予告編が到着した。




前作では屋敷に忍び込んだ強盗団を惨殺した盲目の老人。本作でも盲目の老人の驚異的な身体能力と戦闘スキルは健在で、ありとあらゆる手段で次々武装集団の息の根を止めていく。脚本家フェデ・アルバレスによれば、盲目の老人はヒーローでもアンチヒーローでもなく、“アンチヴィラン”という位置づけ、だという。

前作に続きプロデューサーとして参加しているサム・ライミは、「今まで聞いた中で、最高の続編のアイディア!」と絶賛。前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲスが本作では監督・脚本を担当し、前作の監督でもあるフェデ・アルバレスは本作でも共同脚本と製作を務めている。

『アバター』最新作への出演も決定しているスティーヴン・ラングが“盲目の老人”役を続投し、暗闇で息を止めるしかない前作以上の戦慄を呼び起こした本作。デジタル配信、ブルーレイ&DVDでは、劇場公開では観られなかった豪華声優陣による日本語吹替版を収録。

人気のない郊外の古びた屋敷に住む“盲目の老人”を演じるのは、前作から引き続き声優の沢木郁也。その盲目の老人が大切に育てる少女フェニックスを井上ほの花、少女フェニックスを奪うため盲目の老人の屋敷に忍び込む謎の武装集団のボスのレイランを小山力也、レイランの妻ジョセフィンを井上喜久子が演じる。

『ドント・ブリーズ2』は10月27日(水)よりデジタル先行配信、11月24日(水)よりブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定