松本伊代、ヒロミは「恥ずかしがり屋さん」 店の予約ができないと明かす

2

2021年10月20日 12:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真松本伊代(C)ORICON NewS inc.
松本伊代(C)ORICON NewS inc.
 タレントの松本伊代、お笑いコンビ・ラランドが20日、都内で行われた『骨検プロジェクト啓発週間“骨検週間”』発表会に出席した。

【全身ショット】スタイル健在!オレンジのワンピ姿で登場した松本伊代

 トークの中で、周りの人は知らない一面を聞かれた松本は「家族の中では『しっかり者』」とし、「ヒロミさんはお店の予約ができないんです。お医者さんも初めてだと『一緒に来てくれ』と。自分の誕生日も自分でお店を予約したり、ケーキも買ったり、お店の予約はまかせてください(笑)」と、ヒロミができないことをフォローしているという。

 さらに「ヒロミさんはやっとコンビニも1人で行けるようになって。コンビニに1人で行くのも恥ずかしいくらいの恥ずかしがり屋さんなんですよね。だいぶ大人になったと思います。でも、ヒロミさんはいろいろできるので、私にできることをやり残してくれる感じもありますね」と語った。

 また、6月30日にストレッチ中に無理な体勢をとってしまったことから、胸椎を圧迫骨折してしまった松本。「もうだいぶ良くなっている」と明かし「(骨折は)治っているんですけど、それをカバーしていたところが痛いです。でも、コルセットをしているのを忘れるくらいの気分にはなってきました」と順調な回復ぶりをアピールした。

 治療中は自宅で過ごしていたといい「家族の助けがあって、姉が料理をしてくれました。ヒロミさんも一生懸命、面倒を見てくれました」とあらためて家族の存在に感謝していた。

 日本では、約1280万人が患っているといわれる骨粗しょう症。骨密度の低下は自覚症状がなく、気づきにくく、骨折して初めて気づくケースがほとんど。旭化成ファーマは、きょう10月20日の世界骨粗しょう症デーからの1週間を1年に1度の強化週間として「骨検週間」と新たに制定し、目に見えない骨の健康に意識を向けてもらう啓発活動を行っていく。

このニュースに関するつぶやき

  • そうは見えないけど、人は見かけによらないな
    • イイネ!8
    • コメント 2件
  • そうは見えないけど、人は見かけによらないな
    • イイネ!8
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定