『SUPER RICH』第2話あらすじ 栄光から一転ピンチに陥った氷河衛(江口のりこ)は…

0

2021年10月21日 08:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真フジテレビ系ドラマ『SUPER RICH』第2話より(左から)町田啓太、江口のりこ、赤楚衛二、菅野莉央(C)フジテレビ
フジテレビ系ドラマ『SUPER RICH』第2話より(左から)町田啓太、江口のりこ、赤楚衛二、菅野莉央(C)フジテレビ
 女優の江口のりこが主演するフジテレビ系連続ドラマ『SUPER RICH』(毎週木曜 後10:00)の第2話が21日に放送される。

【場面カット14枚】苦学生・優を演じる赤楚衛二&スマートな町田啓太ら

 幸せのかたち“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンを描いた完全オリジナルストーリー。第1話では、ベンチャー企業「スリースターブックス」を成功に導いた女性起業家・氷河衛(江口)が、後半では一転ピンチに陥るさまが描かれた。苦学生の春野優(赤楚衛二)、田中リリカ(志田未来)、豪徳尊(板垣瑞生)らがインターン採用を志望するなか、経営の片腕だった一ノ瀬亮(戸次重幸)に裏切られた。

 亮が投資をすすめたアプリ会社が反社会企業のフロント会社だったことがわかり、案件が次々と取引中止に。さらに、亮は会社の金も持ち逃げしてしまい、傷心の衛はインターン採用試験で知り合った優とラーメンをすすることになった。

 第2話では、アパートを引き払い無一文で実家に帰ることもできない優を、衛が自分のマンションへ連れていく。マンションの前では、社員の宮村空(町田啓太)と今吉零子(中村ゆり)が待っていた。

 会社に戻った衛は、当座必要なお金の工面について幹部たちと話し合い、空たちは亮を探して金を返してもらうか、警察に被害届を出した方がよいと迫る。一方、優も「スリースターブックス」に向かい、空が碇健二(古田新太)に頼んで仮眠スペースで預かってもらえることになる。

 翌日、衛が出社すると、尊敬する先輩である大手IT企業「MEDIA社」の島谷聡美(松嶋菜々子)が訪ねてくる。聡美は「MEDIA社」との業務提携を衛に持ちかけ、会社存続に必要な金を出すと言うが、ある条件を提示する…。
    ニュース設定