日向坂46上村ひなの、1年で成長した大人っぽさとかわいらしさ センター曲への思いも告白

0

2021年10月22日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『アップトゥボーイ』12月号の表紙を飾る日向坂46・上村ひなの
『アップトゥボーイ』12月号の表紙を飾る日向坂46・上村ひなの
 人気アイドルグループ・日向坂46の上村ひなの(17)が表紙を飾るアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』Vol.308(22日発売・ワニブックス)の誌面カットとインタビューの一部が公開された。

【別カット】人形を前にキュートな笑顔を見せる上村ひなの

 日向坂46の6thシングル「ってか」(27日発売)に収録の「何度でも何度でも」では初のセンターを務めた上村が、1年ぶりの表紙&グラビアで昨年より成長した姿を披露。17歳になり少し大人っぽさを漂わせた表情と、彼女らしいほんわかした魅力の両面を、16 ページのロンググラビアに収めた。

 制服姿では凛とした眼差しを、部屋着やワンピースなどではリラックスした姿やかわいらしくコミカルな様子も。また、表紙だけではなく裏表紙もソロで、さらに両面ポスターも付いてくる上村ひなの大フィーチャー号となっている。

 同号にはそのほか、佐々木久美と高橋未来虹も登場する。

■上村ひなのインタビュー抜粋
――共通カップリング曲として収録されている「何度でも何度でも」では、ひなのちゃんが初のセンターを務めます。センターと聞いたときはどう思った?
「純粋にすごく嬉しかったです。この曲は『第41回高校生クイズ』の応援ソングなんですけど、高校生の皆さんはもちろんのこと、幅広い世代の皆さんの背中を優しくそっと押すような楽曲になっています。“何度間違ったって、何度挫けたっていいんだよ”っていう、まるで今の自分に言われているような…。思春期ってすごく急ぎがちになってしまうと思うんですけど、マイペースでいいよって言ってもらえてるような気持ちになりました」

――ひなのちゃん自身への応援歌でもあるような……。
「そうですね。“早く成長しなくては”と、感じていたタイミングでこの曲を頂けて。そうか、もっと自分らしくマイペースで進んで行ってもいいんだって言ってもらえた気がしました。なので、センターっていうポジションはプレッシャーでもあるんですけど、リラックスして挑むことができました。今回また1つ殻を破れた気がします」
※インタビュー抜粋のため、一部文章を改編
    ニュース設定