『アバランチ』第2話あらすじ 不審死めぐる闇に羽生(綾野剛)&西城(福士蒼汰)らが迫る

0

2021年10月25日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『アバランチ』第2話より(左から)千葉雄大、綾野剛(C)カンテレ
『アバランチ』第2話より(左から)千葉雄大、綾野剛(C)カンテレ
 俳優・綾野剛が主演するカンテレ・フジテレビ系“月10”ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)の第2話が25日に放送される。

【動画】本気アクションも!キケンなムード満点『アバランチ』第2話予告編

 破天荒な集団“アバランチ”が巨悪に立ち向かうダーティーなサスペンスドラマ。第1話では、東京の大規模都市開発プロジェクトのリーダー失踪事件を背景に、アバランチが集結する様子がスキャンダラスに描かれた。

 第2話では、警視庁の特別犯罪対策企画室の室長・山守美智代(木村佳乃)が、アバランチメンバーに対して半年前に転落死した夏川洋子(中島亜梨沙)を調査するよう命じる。東南アジアの開発途上国支援に精力的に携わってきた彼女の死について、警察は残された遺書の存在から自殺と断定するが、山守の調べでは不審な点があり、ある大物政治家との関係が疑われる。

 夏川の身辺を調査するうちに、死の直前までやり取りをしていたジャーナリスト・永井慎吾(久保田悠来)の存在が明らかになり、羽生誠一(綾野)、西城英輔(福士蒼汰)、明石リナ(高橋メアリージュン)は彼の自宅に向かうが、予想外の事態に遭遇。一方、その頃、内閣官房副長官・大山健吾(渡部篤郎)は内閣情報調査室のエース・桐島雄司(山中崇)を呼び出し、アバランチについての調査を依頼する。

 夏川が近づいていった“大きな闇”が次第に明らかになるなか、牧原(千葉雄大)はこの事件に対してアバランチメンバーでもひときわ特別な感情を抱いていた…。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定