macOS Monterey正式版配信スタート、OS Xシリーズ18番目のメジャーリリース

2

2021年10月26日 08:21  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
米Appleは10月25日(現地時間)、macOSの新バージョン「macOS Monterey」の正式版をリリースした。


対応するMacモデルは以下の通り。


iMac:Late 2015以降

iMac Pro:2017以降

Mac mini:Late 2014以降

Mac Pro:Late 2013以降

MacBook Air:Early 2015以降

MacBook Pro:Early 2015以降

MacBook:Early 2016以降


所有しているMacのモデルは、Macの左上のApple()メニューから「このMacについて」を選択して概要タブで確認できる。また、「このMacについて」の概要タブの「ソフトウェア・アップデート」からmacOS Montereyへのアップデートを実行できる。

macOS Montereyは、「集中モード」、「テキストの認識表示」、「FaceTime」の強化、クイックメモを含む「メモ」のアップデートなど、この秋にiOS 15やiPadOS 15に追加された機能やサービスの多くを搭載し、iPhoneやiPadとの連係が強化されている。また、iOS/iPadOSで高く評価されている「ショートカット」のMac版が実現した。


Apple Silicon搭載MacとIntel搭載Macの両方が用意されるが、「FaceTime」のポートレートモード(背景をぼかす)や「マップ」のインタラクティブな地球儀および詳細な地図表示など、Apple Silicon搭載Macでしか利用できない新機能がいくつかある。Appleは同社のハードウェアのために独自のプロセッサを設計し、それらの長所を引き出せるようにmacOSを開発し始めている。macOS Montereyは、Apple Silicon時代に踏み出し始めたmacOSの最初のバージョンと言える。



ほかにも「MacにAirPlay」、アクセシビリティ仕様のミー文字、「Apple Books」のアップデート、「低電力モード」など、たくさんの新機能やアップデートを備える。さらに、今後のアップデートで「SharePlay」と「ユニバーサルコントロール」が秋に追加される予定だ。SharePlayは「FaceTime」と「TV」アプリ、「ミュージック」アプリ、その他の対応しているアプリを通じて、映画やドラマ、音楽などの再生を離れた場所にいる友達や家族と同期し、視聴体験を共有できる機能。画面の共有も可能で、共同作業などに利用できる。ユニバーサルコントロールは、1つのマウス、キーボード、トラックパッドを共有して最大3台のMacおよびiPadを操作できる機能だ。(Yoichi Yamashita)
    ニュース設定