亀梨和也、人助けをする“脱獄囚”に!連続ドラマW「正体」で中田監督と再タッグ

0

2021年10月28日 05:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真連続ドラマW「正体」
連続ドラマW「正体」
亀梨和也が、『事故物件 恐い間取り』の中田秀夫監督と再タッグを組み、2022年春、放送・配信スタートのWOWOW連続ドラマW「正体」に主演。脱獄する死刑囚として傑作サスペンスの映像化に挑む。

ある夫婦の殺人事件の容疑者として逮捕され、死刑を宣告された鏑木慶一。移送中に脱獄した彼は、逃走しながらも潜伏先で出会う人々を様々な窮地から救っていく。その彼が指名手配中の死刑囚だと彼らが気がついたとき、「彼は本当に殺人犯なのか?」と救われた人々は疑問を抱き始める...。

なぜ、彼は人々を救っていくのか。それは、罪を着せられたことへの復讐のためなのか。 果たして彼の本当の“正体”とはーー。

興行収入23億円を超え、昨年を代表する大ヒット作となった『事故物件 恐い間取り』や、ドラマ、CM、スポーツキャスターまで、近年目覚ましい活躍を見せている亀梨和也をWOWOWの連続ドラマ初主演で迎える本作。原作はデビューと共に第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞した染井為人の「正体」(光文社刊)。

本作では、亀梨さんは自身のアイディアにより地毛を金髪に染め、脱獄を図る死刑囚・鏑木を演じる上で入念な役作りに励んでいる。劇中では名前や容姿を次々に変えていくため、その“扮装”からも目が離せない。

この強烈でスピーディーな展開によって、読者を一気に物語に引き込む傑作サスペンスの映像化に亀梨さんと共に挑むのは、『事故物件 恐い間取り』でもタッグを組んだ中田監督。ジャパニーズホラーを牽引してきた巨匠が総監修として、この世界観をどのように表現するのか、亀梨との再タッグにも期待が高まる。

そして「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」や公開を控える『ミュジコフィリア』の谷口正晃監督が3話と4話を手掛け、WOWOW開局30周年記念「連続ドラマW 華麗なる一族」や第44回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した『Fukushima 50』の前川洋一が脚本、『北の桜守』で第42回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞した海田庄吾が音楽を担当する。

WOWOWのドラマWに初めての出演となる亀梨さんは、「一本一本、映画的な現場の進み方、撮り方で。本当に一枚一枚重ねているという感じではあるので、ちゃんと重みを感じてもらえるものになるんじゃないかと思います」と手応えを語る。

「昨年、映画でお世話になった中田監督と、こうしてまた早い段階でご一緒できるということがとても光栄で、非常に楽しみでした」と言い、「中田監督とすごくスムーズに意思疎通できている」「中田監督とは信頼関係があると感じているので、僕も魂を全開にしていられる」と絶大な信頼をのぞかせる。

さらに今後発表される共演者については、「僕のギアがいくつも入るぐらいの素晴らしい共演者の方たちから、たくさんのエネルギーをいただいているので、それをお芝居にしっかりと反映させたい」と明かした。

また、中田監督は亀梨さんについて「演じる役を『できるだけ深掘りしよう』という真摯な向き合い方、現場での私たちとの、クリエイティブな協働ぶりに惚れ惚れした」と語り、「主人公の鏑木が『正体』を隠す=見た目だけでなく、設定に合わせて、話し方や『性格』までも劇的に変化させていくのを、チャレンジしがいのあると楽しみにされているように感じます」と語っている。

「連続ドラマW 正体」は2022年春、にて放送・配信スタート(WOWOWプライム第1話無料放送・WOWOWオンデマンド無料トライアル実施中)。



(text:cinemacafe.net)

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定