乃木坂46寺田蘭世、ラストライブでスピーチ「皆さん、長生きしてほしい」

0

2021年10月29日 00:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真乃木坂46『アンダーライブ』でラストステージを飾った2期生の寺田蘭世
乃木坂46『アンダーライブ』でラストステージを飾った2期生の寺田蘭世
 アイドルグループ・乃木坂46のアンダーメンバー17人が28日、東京・TACHIKAWA STAGE GARDENで『乃木坂46 28thSG アンダーライブ』3days最終公演を有観客で開催した。アンコールでは、卒業を控えている2期生の寺田蘭世(23)のセレモニーも行われた。以下、寺田のスピーチ全文。

【ライブ写真13点】2期生・寺田蘭世ラストライブとなった『アンダーライブ』



皆さん、アンコールありがとうございます。乃木坂46の寺田蘭世です。

無事、3日間が終わりそうで、今すごくホッとしています。うれしい気持ちでいっぱいです。ここに来ても本当に悔いが何一つなくて、今すごく清々しい気持ちでいっぱいです。

人によってはすごく、逆にファンの皆さんのほうがいろいろ思うことがあるかもしれないですけれども、私自身はすごく今、うれしいとか、楽しかったなぁとか、明るい気持ちでいっぱいです。本当に楽しかったです。

今日は、何よりも感謝を一番伝える日にしたいなぁと始まる前から思っていて、まずスタッフの皆さん、約9年近くお世話になりました。こんなに大きくなりました(笑)。昔から変わらずこんな性格だと思うんですけれども、もう何年も何年も仲良くしてくださり、支えてくださり、本当にありがとうございます。

そして、メンバーのみんな、袖で聞いていたらうれしいなぁと思うし、配信で見てるって連絡をくれたメンバーもいっぱいいたので、ありがとうございます。

メンバーのみんながすごく、卒業生も含めて本当に人としていい人がいっぱいいて、魅力的な人がいっぱいいて、みんなが本当に優しい人だから、私もここまで頑張ってこれたんじゃないかなって。本当に大好きなグループでした。本当にみんな、ありがとうございました。これからも仲良くしてください。

それと、家族にはすごく支えられたなと思います。本当に何の取り柄もない私なんですけれども、こういう見た目だったり、こういう性格だったりを授けてくれた両親にはすごく感謝していますし、この活動も一番近くですごくいっぱい支えてくれたので。これからはもっと幸せにしてあげるので、楽しみにしててください。ママもパパも妹も弟もみんなありがとう。これからもよろしくお願いします。

そして、本当に数え切れないぐらい感謝したい方はもちろんいるんですが、ファンの皆さんがいたからここまで頑張ってこれたのは紛れもない事実です。いっぱい言いたいことはあるんですけど、言葉にするって本当に難しいことで、やっぱり誤解されてしまうこともあると思うんですよ。

でもやっぱり今までの私の行動だったりで、多分見せられたと思うので、本当に悔いがありません。皆さんにはそれが伝わっていればいいなぁと思いますし、これからも皆さん、なんて言っていいかわからないけど、私は本当にファンの人のことを友達みたいに思っているので、皆さん本当に体調とかには気をつけて、長生きしてほしいなぁと思っています。ちょっと重たいとか思わないでほしいんですけど、本当にそれぐらい私にとって大切な存在でした。

乃木坂のファンという方より、私個人的に蘭世のことを推してるよというファンの方には、『蘭世のこと、推しててよかった』って何年後も思ってくれていたらうれしいなと思ってます。本当に今までお世話になりました。まだ卒業はちょっと先なんですけど、これからもよろしくお願いします。本当にありがとうございます。

もう何一つ後悔はないです。そして、先ほどからもずっと言っているんですけど、言葉だけじゃ伝わらないなと、私自身がすごくこの活動をしてきて感じてきたので、次、歌う楽曲たちは、私が選曲させていただきました。

私に初めて勇気をくれた曲、私が初めてセンターに立ちたいなぁと思った曲、私に挑戦する力をくれた曲、これからみんなに歌い継いでほしいなぁと思う曲を選ばせていただきました。それぞれの解釈があるとは思うのですが、皆さん各々の気持ちで受け取ってくれたらすごくうれしいです。

本当にたくさんの愛をありがとうございました。これからももっともっともっと魅力的な女性になって、もっともっと幸せになりたいと思います。本当にありがとうございました。
    ニュース設定