佐藤健『ぎぼむす』復活に喜び 麦田章を「再び演じられることも新鮮で楽しい」

4

2021年11月28日 04:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』より (C)TBS
『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』より (C)TBS
 女優・綾瀬はるかが主演した2018年7月期のTBS系連ドラ『義母と娘のブルース』が、2022年1月2日に単発ドラマ『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』(後9:00〜11:30)として放送されることが決定。竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、井之脇海、宇梶剛士、浅野和之、麻生祐未ら連続ドラマのレギュラーキャストが今作でも顔をそろえる。

【場面カット】綾瀬はるか×上白石萌歌の“ぎぼむす”親子が復活

 『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴氏原作の4コマ漫画を実写化。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常…そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得て、最終話は平均視聴率が19.2%と人気を博し、2020年正月には、連続ドラマの1年後を描いたスペシャル版が放送された。

 今回は、義母・亜希子が再建した企業がハゲタカに乗っ取られるが、その男は亡くした夫そっくりの人物で…。そんな衝撃の直後からスタートする。ハゲタカへのリベンジと、夫そっくりの男への複雑な感情で揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆきは成長した大人の眼差しで見守っていく。

 佐藤は「前回のスペシャルの終わり方的にも“続編があるんだろうな”と思っていたので、実現してとてもうれしいです。脚本はとても面白く読ませていただいたのですが、大変な撮影になりそうだなと思いました(笑)。 けれど、キャストもスタッフもほとんど変わらず、気心の知れた仲間たちと再会し、安心して撮影に挑んでいます。麦田のようなキャラクターとの出会いもあまりないので、再び演じられることも新鮮で楽しいです。新年からほっこりし、安心して観ていただける作品になっていると思います。ぜひご覧ください!」とコメントを寄せている。

このニュースに関するつぶやき

  • ツンデレ役より、このとぼけた役の佐藤健が好きです。綾瀬はるかは、佐藤健と竹野内豊とどちらにもお似合いなので、素敵です。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • また泣かされるんだろうなと思ったニュース_φ(・_・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定