SixTONES田中樹、悲壮な決意で『ミニスカート陸上』参戦 人気の後輩デビューで「パンツ見せてる場合じゃない!」

0

2021年11月28日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『くりぃむナンタラ』伝説の企画「ミニスカート陸上」より (C)テレビ朝日
『くりぃむナンタラ』伝説の企画「ミニスカート陸上」より (C)テレビ朝日
 人気グループ・SixTONESの田中樹が、きょう28日放送のお笑いコンビ・くりぃむしちゅーによるテレビ朝日系の新バラエティー番組『くりぃむナンタラ』(毎週日曜 後9:55)内の伝説的企画「ミニスカート陸上2021」に初参戦する。

【写真】いくつになってもミニスカが似合うウエダくん

 男性出演者たちがひざ上15センチのミニスカートをはいて、パンチラしないよう気を付けながらあらゆる陸上競技に挑むカルト的人気の企画。記念すべき10回目の開催となる今大会には、田中のほか、岡部大(ハナコ)が初参戦。有田哲平が審判を務める中、上田晋也、尾形貴弘(パンサー)とともに、公式カメラにパンツが映らないよう知恵を振り絞って競技に挑む。

今回4人が挑むのは、4つのバーを跳び超えてゴールまでのタイムを競う「ミニスカート30メートルハードル」と、80センチから10センチずつバーの高さを上げていく「ミニスカート走り高跳び」の2種目。4人は公式カメラの角度を踏まえ、いかにパンチラを回避するか頭脳戦を展開していく。少しでもパンツが映ったら記録がよくても即失格。はたして4人が繰り広げる真剣勝負の行方は。

 田中は「実はマネージャーさんから『陸上競技をやる』としか聞いていなくて、ついに僕もスポーツ系の仕事をするんだなと思いながら更衣室に入ったんです。そしたらミニスカートが置いてありました(笑)」と、プチドッキリ状態で参戦することになったそうで「なにわ男子とか人気のある後輩がデビューしたので、僕…パンツ見せてる場合じゃない!」と並々ならぬ意欲で競技に臨む。

 「ミニスカート30メートルハードル」では、第1走者の岡部が見せたテクニックを参考に、公式カメラの方向に足を向けてジャンプする作戦に出た田中。自慢の跳躍力は生かすことができるのか。さらに、「ミニスカート走り高跳び」では、スタート地点に向かう田中の姿を見たメンバーからのある指摘で、まさかの“ドーピング疑惑”が急浮上。上田らが「アイツ、やってんな!」とザワつく中、急きょ検査が行われるという波乱の展開が幕を開けることになり…。

競技を終えた田中は「結果は見てのお楽しみなんですが、めちゃくちゃ難しかったです。そして…深い! それぞれ競技ごとの対処法があるので、本当に深いです」としみじみ。さらに「パンツだけ見られて帰るわけに行かないので、もう一回やりたい(笑)!」と、早くも次回大会への参加を熱望した田中は一体どんな奮闘を見せたのか。

 10回目の開催となった今回、優勝候補と目されるのはもちろん「ミニスカート陸上」を知り尽くす男・上田。子どもから「お父さん、優勝してね!」という熱い声援を受けての出場となる上田は、「この企画だけは、ウチの家族もガチだから…」と、「ミニスカート陸上」の大ファンだという家族にカッコイイ姿を見せるべく、真剣勝負に挑む。岡部が「後ろ姿にオーラがあってカッコイイ!」と感動するほどの神々しさをまとって、「ミニスカート30メートルハードル」のスタート地点に向かった上田は、いざ競技が始まると、審判の有田が思わず「これはスゴイ!」と叫んだ匠の技を披露。はたして、ヒザのクッションを使いこなし、スカートの広がりまで計算して挑んだ上田の記録は。また、「ミニスカート走り高跳び」では、亀田興毅と並んで90センチの記録を保持する上田。「ここは置きにいきます」と、余裕の表情を浮かべるが…。はたして上田は、家族にカッコイイ父の姿を見せることができるのか。

 一方、この競技では田中だけでなく、尾形にもパンツを見せないためのあるドーピング疑惑が浮上。上田のひと言で全員がドーピング検査を受けることになり…。勝負は波乱に次ぐ波乱の展開に。パンチラご法度の4人が繰り広げた爆笑必至の真剣勝負は必見だ。
    ニュース設定