『ミラベルと魔法だらけの家』洋画No.1のスタート! 心躍るミュージカルナンバーも公開

0

2021年11月30日 16:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ミラベルと魔法だらけの家』(C) 2021 Disney. All Rights Reserved.
『ミラベルと魔法だらけの家』(C) 2021 Disney. All Rights Reserved.
ディズニー長編アニメーション60作品目『ミラベルと魔法だらけの家』が現在公開中。初日3日間で興行収入176,546,010円、動員数136,377人を記録し、週末動員ランキング2位、洋画作品ではNo.1のスタートを記録したことが分かった。




Rotten Tomatoでは、批評家のスコアが92%、一般レビュー93%と高いスコアを記録している本作(11/29現在)。日本では11月26日についに公開がスタートした。

鑑賞者から特に注目を集めているのが、リズミカルな楽曲から心打つ歌詞が魅力のバラードなどといった数々の楽曲。ミュージカル界に新しい風を巻き起こしてきたリン=マニュエル・ミランダによる、ほかのディズニー作品とはまた一線を画す、新鮮かつ斬新な楽曲が魔法に溢れる物語を彩り、まるで目の前でミュージカルが繰り広げられているような圧巻の楽曲に、称賛の声が上がっている。

そんな本作ならではの魅力光る楽曲の一つが、魔法に溢れる家族が歌い上げるミュージカルナンバー「秘密のブルーノ」。今回、その映像も到着。

ヒロイン・ミラベルのおば夫婦が華麗に歌うこの曲は、リズミカルなメロディが特徴的。陽気に歌う一方、何度も口にするのは「触れちゃだめブルーノ」という意味深な言葉。ブルーノというのは、ミラベルのおじ。魔法の家を支える女家長アルマおばあちゃんの息子でもあるが、マドリガル家の中になぜか姿はみえず、誰もが彼の話をしようとしない…。

そして突如、家に走った大きな亀裂が魔法の家族を危機にさらすと知り、一人立ち上がったミラベルは、ブルーノを探し求める。本作は、そんなミステリアスな魅力にも注目だ。

『ミラベルと魔法だらけの家』は公開中。



(cinemacafe.net)
    ニュース設定