【TV出演ブレイク】マヂカルラブリー&おいでやすこが290本増で同数1位、野田は“3冠”に M-1芸人が躍進

32

2021年12月01日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『2021テレビ番組出演本数ランキング』ブレイクタレントで1位となった(左から)マヂカルラブリー、おいでやすこが(C)ORICON NewS inc.
『2021テレビ番組出演本数ランキング』ブレイクタレントで1位となった(左から)マヂカルラブリー、おいでやすこが(C)ORICON NewS inc.
 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2021テレビ番組出演本数ランキング』を発表。昨年と比較して番組出演本数を増加させた『2021ブレイクタレント』では、昨年末に放送された『M-1グランプリ2020』で優勝したマヂカルラブリーと、準優勝だったおいでやすこがが、ともに290本増でそろって1位を獲得した。

【一覧表】2021年間『ブレイクタレント』番組出演本数ランキング

 昨年3月の『R-1』で野田クリスタルが優勝し、12月にはコンビとして『M-1』で優勝したマヂラブ。野田が“2冠”として迎えた今年は、初の冠レギュラー『マヂカルクリエイターズ』(テレビ東京系)は3ヶ月で終了したが、日本テレビ系『有吉の壁』やテレビ朝日系『アメトーク』など多数の人気バラエティーに出演。上半期1位だったおいでやすこがと並んでの年間1位となり、野田は“3冠”となった。

 おいでやすこがは、コンビとしてはもちろんピンでもそれぞれ活躍。大声ツッコミのおいでやす小田と、インテリで映画好き&板前経験ありと多彩なスキルを持つこがけんが、それぞれ自分の特長を生かした番組に多数出演した。

 そのほか、3位にニューヨーク【243本増】、4位に見取り図【197本増】、6位に錦鯉【175本増】と、昨年の『M-1』で活躍した芸人たちがそろってランクイン。改めて番組の影響力の大きさが証明されたランキングとなった。今月19日開催の『M-1グランプリ2021』で活躍した芸人が来年の本ランキングに名を連ねることを期待したい。

 また、5位にピン芸人のヒコロヒー【192本増】、8位にお笑いカルテットのぼる塾【128本増】と若手にまじり、10位に『有吉の壁』で再ブレイクしたもう中学生【121本】もランクイン。芸人以外では唯一、9位にイメチェンで美人になったと注目を集めたタレントの井上咲楽【126本増】がベスト10入りした。

■『2021年テレビ出演ブレイクタレント』
1位:マヂカルラブリー 290本増
1位:おいでやすこが 290本増
3位:ニューヨーク 243本増
4位:見取り図 197本増
5位:ヒコロヒー 192本増
6位:錦鯉 175本増
7位:ラランド 174本増
8位:ぼる塾 128本増
9位:井上咲楽 126本増
10位:もう中学生 121本増

調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2021年1月1日〜11月21日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・放送局所属アナウンサー、通販番組出演者、再放送番組、ナレーション出演は対象外
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pdf/20211201ban.pdf)

このニュースに関するつぶやき

  • 間違えてないのに間違えたように見える「おいでやすこがが」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • テレビ局が安易にM-1に頼ってる結果でしょ。視聴者が受け入れてるかどうかは別。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ニュース設定