おしろい市場で売上NO.1「ミラノコレクション」が今年も容器をオルゴールに生まれ変わらせる企画を実施

0

2021年12月01日 09:32  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 カネボウ化粧品が展開するプレミアムおしろいブランド「ミラノコレクション」が、昨年好評だった、容器を特製オルゴールに“生まれ変わらせる”キャンペーンを今年も実施する。募集は第1次が12月1日〜2022年1月15日、第2次が2022年1月16日〜2月28日となる。

 ミラノコレクションは約30年前に同社開発担当者が出張先のミラノで、ドゥオモ大聖堂などの建築物に感銘を受け、「この優美な世界観を化粧品で表現したい」という思いから1991年に誕生した。アニバーサリープレートのように、1年に1度新しいデザインのパッケージで予約発売。パッケージのコレクターがいるという、他にはない稀有なブランドだ。「フェースアップパウダー」のほか、「オードパルファム」、「ボディフレッシュパウダー」(2022年販売で終了)を揃える。
 中でもフェースアップパウダーは、13年連続おしろい市場売上げナンバーワン(インテージSRI+調べ)で、パッケージのみならず、おしろいその物の品質の高さが幅広い層に人気を集める。粉はゼニアオイエキス、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス(保湿)を新配合し、同社の粉体技術の集大成とする板状粉体を採用することでベールをまとったようなキメ細かく滑らかに整った肌を叶える。また希少なローズの天然精油を配合したプレミアム ローズの香り、さらにはベルベット生地を使用した繊細で滑らかな使用感のオリジナルパフなどが特徴だ。「長く愛されているブランドだが、ほぼ口コミで広がった。親子3代で使ってくれている方もいるほどで、奥様への贈り物としてなどギフト需要も高い。“魔法のお粉”とうキャッチコピーがあるが、これはお客様から発生したもので、記憶に残る製品として愛されている」(植田優子・ミラノコレクション マーケティング担当)と語る。
 特製オルゴール企画は、同社包装技術研究所の研究員のアイデアからスタート。手元にあるフェースアップパウダーの容器を送ってもらい、研究員が一つひとつ手作業で検品・クリーニングし、特製オルゴールをセットしてプレゼントする。コレクションして見る楽しさだけでなく、音を“愛でる”ことで耳からも楽しさを感じてもらおうというものだ。容器をリユースするというエコロジカルな取り組みでもあり、第1回の昨年は200人の枠に2294人の応募があったという。今年の対象容器は2004年以降に発売になった厚型タイプで、曲は希望を募り「ホール・ニュー・ワールド」に決定した。当選発表は第1次が2022年1月下旬ごろで発送は3月下旬ごろ、第2次の発表は3月上旬ごろで発送は5月上旬ごろを予定する。詳しくはキャンペーンサイトに記載している。
 「昨年10倍以上のご応募があり今年は枠を増やしたかったが、研究員が手作業で制作しているためクオリティを落とさず作るためには200が限界。残念ながら外れた方には心ばかりではあるがお手紙としおりを作ってお送りした」といったことも行うなど、デジタルが台頭する現代社会において温かみのある施策が奏功する。なお「フェースアップパウダー2022」は、今年6月から予約をスタートし12月に数量限定発売する。
    ニュース設定