最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』2022年4月8日公開

0

2021年12月01日 23:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』邦題&2022年4月8日(金)日本公開決定
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』邦題&2022年4月8日(金)日本公開決定
 「ファンタスティック・ビースト」シリーズ最新作が『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の邦題で来年(2022年)4月8日に公開されることが12月1日、発表された。

【動画】『ハリー・ポッター』の名場面を再現した宮野真守

 2001年12月1日、「ハリー・ポッター」シリーズ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』が日本公開されてから20年の記念すべき日に、都内で開催されたキックオフイベントで、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ファンタスティック・ビースト』シリーズまでを手がけきたデビッド・イェーツ監督より日本のファンへ向けたメッセージ映像が公開され、監督の口から公開日が発表された。

 「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズ。2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億、観客動員473万人を突破した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』以来となる、ファン待望の最新作だ。

 シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、そしてなんとマグルと寄せ集めのデコボコチームを結成。ホグワーツ城、ホグズミード村、不思議なトランクやかわいい仲間のビーストたちとともに、ますます広がる魔法の世界は、全ハリー・ポッターファン必見。そして、最強魔法使いと謳われるダンブルドア先生に隠された、ハリポタ魔法ワールド最大の秘密が解き明かされる。

 キックオフイベントには、エディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーの吹き替えを担当する声優の宮野真守と、「ハリー・ポッター」シリーズの大ファンだという河北麻友子が登壇。

 最新作がタイトルが明らかになると、宮野は開口一番「うわあ! これはすごい! やっぱりダンブルドアの秘密に迫っていくんですね! 本当に秘密が多い人物ですから。ニュートにも何にも教えてくれないんだから!」と、お茶目に話すと同時に、「ハリポタファンならぐっとくる考察伏線がたくさん出てくると思うので、ますます楽しみですね」と話していた。

 今月17日より、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の前売り券が発売されることも決定。前売り特典は、中の紙を抜くとおなじみのキャラクターが現れる「ファンタスティッククリアファイル」であることもあわせて発表された。

(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ?J.K.R.
    ニュース設定