ヒュー・ジャックマン主演、映画『レミニセンス』冒頭10分無料公開&インタビュー映像も

4

2021年12月01日 23:39  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス映画『レミニセンス』12月1日より先行ダウンロード販売スタート (C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
ヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス映画『レミニセンス』12月1日より先行ダウンロード販売スタート (C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
 『グレイテスト・ショーマン』「X-MEN」シリーズでエンターテイメント界の最前線を駆け抜けてきた俳優ヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス映画『レミニセンス』。12月1日より先行ダウンロード販売がスタートし、冒頭10分の映像を無料公開している。さらに、主人公ニック・バニスターを演じたヒュー・ジャックマンのインタビュー映像も到着。脚本・監督を務めたリサ・ジョイ、映画『グレイテスト・ショーマン』ぶりの共演となるレベッカ・ファーガソンの魅力、そして本作への出演を決めた理由などを語っている。

【動画】ヒュー・ジャックマンインタビュー&冒頭10分無料公開中

 同映画は、都市が海に沈み水に支配された世界が舞台。そこで《記憶潜入エージェント》として暗躍するニックは検察からある依頼を受け、記憶から映し出される事件のカギを握る謎の女性メイを追って、多くの人々の記憶潜入<レミニセンス>を試みる。膨大な記憶と映像に翻弄される彼は、やがて予測もしなかった陰謀へと巻き込まれていく。

 人気テレビシリーズ『ウエストワールド』で知られるリサ・ジョイが脚本・監督を務める本作についてヒューは「珍しいことだけど、この映画は直感的に出たいと思った、脚本を20ページほど読んでね」とオファー時について触れ、続けて「作品の世界やキャラクター、リサが脚本と監督を務めることに既にわくわくしていた」と当時を振り返った。

 リサ・ジョイについても「彼女はとても才能ある人だ。実際に会うと自信にあふれていて、何年もかけて本作を準備していて作品に対する情熱が伝わってきた」「リサの果たした役割は大きい」と、敬意を払う。

 さらに、「出演を決めた理由はリサだけではなく、作品の独自性だ」と語る。「人々は今まで以上に見たことのないものを求めて、予想もつかない冒険を体験したくて映画を観る。未来が舞台の本作はその願望をかなえるものだ」と本作が視聴者を魅了する理由を彼なりに分析すると、「映画の世界観は本当に刺激的かつ独創的で物語の結末が見えない」「またこんなに見事な結末と出会ったのは久しぶりだ」とリサ・ジョイが長年温めてきた世界観と脚本を絶賛した。

 SFやサスペンスだけではなくロマンスの要素もあり、ニックと謎の女性メイの関係性も重要なストーリーの鍵を握るが、メイを演じるレベッカ・ファーガソンについて映画『グレイテスト・ショーマン』でも共演歴があるヒューは「レベッカはとても優れた役者で『グレイテスト・ショーマン』のあと何度か出演依頼したが彼女は多忙だったんだ」と話す。

 待望の再共演が叶い、「謎多き女性のミステリアスさ、圧倒的な色っぽさそして気まぐれな性格もとても魅力的だ。ニックはすっかり心を奪われ、僕個人もひかれ、きっと観客も魅了される。彼女にはそんな力があるんだ」と、メイを魅力的に演じたをレベッカの素晴らしさを称えている。

 先行ダウンロード販売中の同映画は、今月22日よりデジタルレンタル配信開始、来年1月7日よりBlu-ray&DVD発売・レンタル開始。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 塙宣之「レミゼラブルは」 土屋伸之「『レミニセンス』ね。まあたしかに『レ・ミゼラブル』にもヒューさん出演してらっしゃいますけど」
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 興味持ちました。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定